岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 茶道具

Q&A一覧茶道具

 

茶碗の種類にはどのようなものがありますか?

茶碗の種類にはどのようなものがあるかをご紹介します。
茶碗の分類 茶碗の分類は、大きく分けて素材や製法による分類と、産地による分類の二通りがありますが、今回は産地による分類をご紹介します。 茶碗は、茶器の一つと...続きを読む

茶入と棗(なつめ)の違いについて教えてください

茶入と棗(なつめ)の違いをご説明します。
茶道に使われる茶入と棗 茶入、棗は、茶道に使われる道具の一つで、粉末状態の抹茶を入れる容器のことです。 どちらも「お茶を入れる道具」という点では同じですが、...続きを読む

茶道で使われる風炉先屏風とはなんですか?

茶道で使われる風炉先屏風についてご説明します。
風炉先屏風(ふろさきびょうぶ)とは 風炉先屏風は、茶室の中のお茶をたてるスペースに置いてある二つ折りの屏風のことです。 客人が座る「客座」から見て、お湯を沸...続きを読む

茶道の三千家とはなんですか?

茶道の三千家についてご説明します。
茶道の三千家とは 茶道を学んだ人はもちろん、学んだことがないという人でも、一度は「裏千家」「表千家」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 鎌倉...続きを読む

茶道具を高く買い取ってもらうために、正しい扱い方を教えてください。

高価買取りにつながる茶道具の扱い方をご紹介します。
高価買取りの条件 高価買取りの条件は、それがどのような種類の品物かによって変わってきます。 例えば、絵画であれば誰の作品であるかが重要なポイントになり、数珠...続きを読む

茶道で使われる風炉先屏風の役割や使用方法について教えてください。

茶道で使われる風炉先屏風の役割や使用方法についてご説明します。
風炉先屏風の役割・使用方法について 風炉先屏風を役割と使い方をご説明する前に、茶室の間取りについて簡単にご説明します。 茶室の間取りは、基本的に亭主がお茶...続きを読む

棗(なつめ)の「大棗・中棗・小棗」とは、どのようなものですか?

棗(なつめ)の「大棗・中棗・小棗」についてご説明します。
棗(なつめ)の「大棗・中棗・小棗」とは まずは、棗(なつめ)についてご紹介します。 抹茶の入れ物には、大きく分けて陶器でできた「茶入」と、木でできた「薄茶器...続きを読む

知らないと損する、屏風の高価買取の4つの査定ポイントとは?

屏風の高価買取の4つの査定ポイントについてご説明します。
屏風の高価買取4つの査定ポイントとは 元々は中国美術作品だった屏風が、日本に流入されてからも独自の発展を遂げました。 屏風は、部屋の仕切りや装として使われて...続きを読む

鉄瓶が錆びてしまった時の錆びの落とし方を教えてください。

鉄瓶が錆びてしまった時の錆びの落とし方をご紹介します。
鉄瓶にできる錆びは自然なこと 鉄は水に触れると錆びるものですので、水を沸かすのに用いる鉄瓶が錆びるということはごく自然に起こります。 水を入れたままにせず、...続きを読む

茶碗の「楽・萩・唐津」を高額査定するポイントとは?

茶碗の「楽・萩・唐津」が高額査定されるポイントについてご紹介します。
遺品整理の際、故人が骨董市などで買い集めた古い茶碗が見つかり、売却を検討しているという話は、テレビの鑑定番組でもよくあるエピソードですが、一体どのようなものが高...続きを読む

1 / 212

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約