岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 陶磁器・陶器・陶芸品

Q&A一覧陶磁器・陶器・陶芸品

 

六古窯とその特徴について。

六古窯とその特徴についてご紹介します。
  中世から現在まで続く古窯 六古窯(ろくこよう)とは平安時代末期か安土桃山時代を代表する窯業地のことです。陶芸家であり陶磁器研究者でもあった小山...続きを読む

幻のラスター彩の復元で知られる、六代 加藤卓男とその作品について。

六代 加藤卓男とその作品についてご紹介します。
  ラスター彩に生涯を捧げた陶芸家 ラスター彩とは陶器の表面に銀や銅などの酸化物で文様を描き、低温度で焼成したイスラム陶器の一つで、その起源は古代...続きを読む

温かみがある飴色が特徴の大樋焼(おおひやき)とは?

大樋焼(おおひやき)についてご紹介します。
  石川県の伝統工芸「大樋焼」 輪島塗や加賀友禅、金沢漆器など石川県には数多くの伝統工芸が存在しますが、「大樋焼」も石川県を代表する伝統工芸です。...続きを読む

スペインを代表する磁器人形(ポーセリンアート)ブランド、リヤドロの高価買取条件5つ。

リヤドロの高価買取条件を5つご紹介します。
世界的人気を誇るリヤドロ 1950年代初め、スペインのバレンシア北部にあるアルマセラで、リヤドロ三兄弟がランプ用の花飾りを作ったことから始まった「リヤドロ」は...続きを読む

「東の魯山人・西の半泥子」。川喜田半泥子とその作品について。

川喜田半泥子とその作品についてご紹介します。
「昭和の光悦」川喜田半泥子 川喜田半泥子(かわきたはんでいし)は、1878年に大阪に生まれ、陶芸家・実業家・政治家などとして活躍した人物です。陶芸だけではなく...続きを読む

フランスの磁器、リモージュ(Limoges)の高価買取条件4つ。

フランスの磁器、リモージュの高価買取条件をご紹介します。
繊細で華やかなリモージュ 16世紀ごろ中国からヨーロッパに伝わった磁器は、その白く滑らかな肌から多くの王侯貴族に愛されてきました。 しかし、ヨーロッパでは原...続きを読む

千家十職の茶碗師が作る楽茶碗とは?

千家十職の茶碗師が作る楽茶碗についてご紹介します。
茶人好みの「楽茶碗」 茶の世界では古くから「一楽二萩三唐津」といわれており、茶碗のなかでは楽焼がもっともよいとされてきました。なかでも、全体が真っ黒な「黒楽茶...続きを読む

高麗青磁の韓国人間国宝である、柳海剛(ユ・ヘガン)の作品の特徴と買取相場ついて。

高麗青磁の韓国人間国宝、柳海剛(ユ・ヘガン)の作品の特徴と買取相場ついてご紹介します。
高麗青磁と柳海剛 高麗青磁は918年から1391年まで続いた、韓国の高麗時代に制作された青磁と、20世紀に復活した高麗時代の製法で作られるようになった青磁のこ...続きを読む

古九谷とは?九谷とは何が違いますか?

古九谷と九谷の違いについてご説明します。
大胆で力強い九谷 九谷焼は石川県の南部を産地とする色絵の陶磁器です。大胆な構図の作品が多く、華麗さの中に力強さを秘めており、柿右衛門、色鍋島、仁清と並ぶ日本の...続きを読む

骨董品として扱われる花瓶(花器)とは?高価買取が期待できる条件3つ。 

高価買取が期待できる花瓶(花器)の条件をご紹介します。
骨董花瓶 花を飾るときに使用する花瓶は、花の美しさを引き立てるための実用品的な位置づけですが、花瓶のみを観賞して楽しむことができる美術品的な花瓶も多数存在しま...続きを読む

1 / 41234

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ

遺品整理ページ