岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 陶磁器・陶器・陶芸品

Q&A一覧陶磁器・陶器・陶芸品

 

美しいマイセンはどう評価される?高値で買取されるためのポイントは?

今回はマイセン買取の基礎知識と、高く売れるマイセンの特徴をご紹介します。
高級ブランド食器として名高いマイセンは、その洗練された美しさで世界中のコレクターから注目されています。本記事では、マイセンの魅力と買取のポイントを深掘りして、そ...続きを読む

漆器コレクター必見、高価買取へ導く素材と塗料の違いって?

漆器の魅力を深く理解し、価値のある漆器を見分け、高価買取へとつなげるためには、漆器の素材や塗料に関する知識が不可欠です。
漆器は、その美しさと独特の質感で知られる日本の伝統工芸品です。多くは漆(うるし)を塗料として使用していますが、漆以外の素材を用いた漆器も存在します。また、漆器の...続きを読む

陶器と磁器、見分け方は何?その違いを解説します

両者は見た目が似ていることもあり、混同されがちですが、実は製造方法から物質的な性質、使い勝手に至るまで多くの違いがあります。この記事では、陶器と磁器の基本的な違いと見分け方、そして取り扱いの際の注意点を詳しく解説します。
陶器と磁器は日常生活でよく目にする焼き物ですが、この二つを正確に区別できる人は案外少ないかもしれません。食器、花瓶、装飾品など、さまざまな形で私たちの生活に溶け...続きを読む

不動の人気の北大路魯山人作品の魅力は何?

今回は、日本の伝統工芸と美食の世界に大きな影響を与えた一人、北大路魯山人の作品の魅力に迫ります。
北大路魯山人とは 北大路魯山人は、1883年京都に生まれた日本を代表する多才な芸術家です。彼は不遇の幼少期を経て、書、絵画、版画、篆刻など多岐にわたる分野で才...続きを読む

六古窯って何?常滑焼の魅力とは?

日本の陶磁器というと、多くの人が思い浮かべるのは「六古窯(ろっこよう)」かもしれません。この記事では、六古窯の一つである常滑焼を中心に、日本の古陶磁器の魅力について深堀りします。
日本における陶磁器の歴史は深く、その中心に位置するのが「日本六古窯」です。この記事では、六古窯のひとつである常滑焼を中心に、日本の古陶磁器の魅力を掘り下げてみま...続きを読む

ロイヤルコペンハーゲンのイースターエッグ、どうすればより高く売れる?

ロイヤルコペンハーゲンのイースターエッグは、その美しさと希少性でコレクターの間で高く評価されています。
ロイヤルコペンハーゲンのイースターエッグは、その繊細な美しさと高い芸術性で知られるコレクターズアイテムです。これらを高価買取してもらうための重要なポイントを以下...続きを読む

ノリタケの別名かも?「乃りたけ」食器とは?

ノリタケブランドと同じくらいの魅力を持つ、「乃りたけ」と呼ばれる食器について詳しく解説します。この希少な食器は、ノリタケが過去に生産していたもので、特に和食器においてその名を馳せています。
乃りたけの歴史 起源: 1930年代に日本国内向けに製造されたノリタケの和食器が「乃りたけ」です。この時代は、ノリタケがアメリカへの輸出が激減した影響で...続きを読む

三重県を代表する焼物。伊賀焼と信楽焼の特徴は何ですか?どんな作家がいますか?

伊賀焼は、伊賀市周辺で製造される陶磁器です。
伊賀市、三重県の北西部に位置する地域で生まれた伊賀焼。伝統と歴史が深いこの焼き物には、どのような特徴や魅力があるのでしょうか。本記事では、伊賀焼の背景や特徴を中...続きを読む

色絵(いろえ)とは何ですか?

色絵は、主に磁器に彩色する技法を指します。今回は「色絵」という技法に焦点を当て、その魅力や関連する技法との違いを解説します。
1. 色絵とは? 色絵は、主に磁器に彩色する技法を指します。文字通り、多彩な色で絵を描く技法で、18世紀の中期、江戸時代に登場しました。特に、有田焼や京焼に代...続きを読む

日本六古窯について知っていますか?それぞれの特徴は?

日本の陶磁器文化は長い歴史を有しており、多くの名窯が生まれています。中でも、「日本六古窯」と称される6つの窯は、その特徴的な技法や歴史背景から、骨董品の愛好家や研究者から特に注目されています。
窯の一覧 備前焼 (Bizen-yaki) 信楽焼 (Shigaraki-yaki) 越前焼 (Echizen-yaki) 丹波焼 (Tam...続きを読む

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

遺品整理ページ