岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 人間国宝・無形文化財

Q&A一覧人間国宝・無形文化財

 

人間国宝の備前焼作家、伊勢崎淳とその作品について。

伊勢崎淳とその作品についてご紹介します。
人間国宝 伊勢崎淳 伊勢崎淳は2004年に人間国宝に認定された備前焼の作家で、伝統技法と現代美術を融合させた備前焼の新境地ともいえる作品を発表しています。 ...続きを読む

明朝の黄地紅彩を復元した、人間国宝の加藤土師萌(かとう はじめ)とその作品について。

加藤土師萌とその作品についてご紹介します。
独自の作風を確立した人間国宝 加藤土師萌は、若いころから陶磁器の図案改良や陶磁器の材料・技術の研究に取り組んできた陶芸家で、その真面目な人柄から「マジメさん」...続きを読む

鉄絵技法の人間国宝、田村耕一とその作品について。

田村耕一とその作品についてご紹介します。
鉄絵とは 鉄絵は酸化鉄(鉄さび)を含んだ顔料を使って絵付けを行う技法で、錆びを使うことから「錆絵(さびえ)」と呼ばれることもあります。顔料の元になる土には「黄...続きを読む

民芸陶器の人間国宝、浜田庄司とその作品について。

浜田庄司とその作品についてご紹介します。
民芸運動の中心人物 浜田庄司 浜田庄司は主に昭和に活躍した陶芸家で、民芸運動の中心人物として知られる人です。 民芸運動とは、これまでほとんど評価されなかった...続きを読む

人間国宝「色絵磁器」保持者の藤本能道とその作品について。

「色絵磁器」の藤本能道とその作品についてご紹介します。
色絵磁器の第一人者 藤本能道 藤本能道(ふじもとよしみち)は、磁器の表面に赤、青、緑などの色釉で絵付けを行う「色絵磁器」の技法で人間国宝に認定された「色絵磁器...続きを読む

日本の木工芸を代表する中臺瑞真(なかだいずいしん)とその作品について。

中臺瑞真とその作品についてご紹介します。
  木工芸の人間国宝 中臺瑞真 中臺瑞真は日本で三番目に「木工芸」で人間国宝の認定を受けた木工芸家で、桐を使った刳物(くりもの)で有名な作家です。...続きを読む

重要無形文化財「沈金」保持者(人間国宝)の前史雄とその作品の特徴について。 

前史雄とその作品の特徴をご紹介します。
沈金と前史雄(まえ ふみお) 蒔絵、螺鈿、堆錦など、漆器の装飾には様々な技法がありますが、「沈金」も伝統的な装飾技法の一つです。 漆を塗った面に刃物で文様を...続きを読む

人間国宝と同じ?帝室技芸員とその作品の価値について。

帝室技芸員とその作品の価値についてご紹介します。
帝室技芸員とは 帝室技芸員は、1890年から1947年まで宮内省によって運営されていた美術家や工芸家の顕彰制度です。 「技芸員」という名前のとおり、任命され...続きを読む

今さら聞けない。人間国宝とは?その認定方法などについて教えてください。

人間国宝と人間国宝の認定方法をご紹介します。
人間国宝とは? 焼物や工芸品のほか、能や雅楽といった伝統芸能の世界には「人間国宝」と呼ばれる人がいます。 「国宝」というくらいなので何となくすごい、特別な人...続きを読む

截金(きりかね)とはなんですか?人間国宝にはどのような人がいますか?

截金(きりかね)と、截金の人間国宝についてご紹介します。
截金(きりかね)とは 截金は、細い線状に切った素材を仏像や壺などに貼り付け、模様を描く伝統技法です。直線や曲線で表す「麻の葉」「青海波」などのほか、草花、鳥な...続きを読む

1 / 212

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ

遺品整理ページ