岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 西洋アンティーク

Q&A一覧西洋アンティーク

 

コレクターが多く、人気のロイヤルコペンハーゲンイヤープレートシリーズとは?相場や買取額が高い年代は?

ロイヤルコペンハーゲンイヤープレートシリーズについてご紹介します。
イヤープレートとは ロイヤルコペンハーゲンは、王冠と三つの波模様のロゴで有名なデンマークの陶磁器メーカーです。鮮やかなコバルトブルーで施された絵は全て職人の手...続きを読む

引き出しに眠っている万年筆はありませんか?高価買取が期待できる銘柄や条件について。

高価買取が期待できる万年筆についてご紹介します。
愛好家が多い万年筆 万年筆はペン軸の中に入ったインクを使用して書く筆記具で、その原型は953年に発明されたといわれています。 日本では1884年に海外から輸...続きを読む

ハンガリーの高級陶磁器ブランド、ヘレンドとは?シリーズ別の相場は?

ヘレンドのシリーズ別の相場をご紹介します。
手描きの作風で愛されるヘレンド 1826年に設立し、1851年のロンドン万博で金賞を受賞したことから脚光を浴びたヘレンドは、東西文化が入り混じるハンガリーの土...続きを読む

優しい色合いと耐久性でコレクターも多いヴィンテージ・ファイヤーキング。制作時代の見分け方と売買相場について。

ヴィンテージ・ファイヤーキングついてご紹介します。
アメリカ生まれのファイヤーキング ファイヤーキングはホッキンググラス社が1941年に創設した耐熱ガラス容器のブランドで、1976年まで生産されていました。 ...続きを読む

ハンス J. ウェグナー、フィン・ユールなど、北欧有名デザイナー家具の値段が上がり続ける理由は?

北欧家具の値段上がりの理由をご紹介します。
機能性と質のよさが魅力の北欧家具 質素な暮らし方を好む人が多い北欧では機能性が良いシンプルなデザインの家具が好まれてきました。 また、気候的に家で過ごす時間...続きを読む

インテリアに人気!大正ロマン、昭和レトロなガラスシェード(電笠)について。

ガラスシェードについてご紹介します。
大正時代から普及したガラスシェード 日本の屋内照明は「灯台」や「行灯」など、床に置いて使用する物が主流でしたが、江戸時代の終わりごろになると西洋から吊りランプ...続きを読む

オランダのアンティーク食器、Petrus Regout (ぺトルス・レグー)とは?

オランダのぺトルス・レグーについてご紹介します。
19世紀に輸入されたペトルス・レグー 鎖国を行っていた江戸時代の日本では、ヨーロッパで唯一交流があったオランダから輸入された品が大変珍重されました。なかでも、...続きを読む

コラモア、ハドンホール、アーガイルなど、ミントンのアンティーク食器の特徴と相場。

ミントンのアンティーク食器の特徴と相場をご紹介します。
かつて存在したブランド「ミントン」 ミントンは1793年に銅版転写の彫刻師だったトーマス・ミントンによって創業された陶磁器メーカーです。2代目ハーバード・ミン...続きを読む

ボヘミアガラスの代表ブランド、モーゼルとは?その特徴と買取り相場について。

モーゼルの特徴と買取り相場についてご紹介します。
世界中で愛されるモーゼルのガラス モーゼルは、1857年に現在のチェコ共和国カルロヴィ・ヴァリ州に設立されたガラス装飾工房です。チェコは古くからボヘミアガラス...続きを読む

コンポジションドールとは?ビスクドールとは何が違う?

コンポジションドールとビスクドールの違いをご説明します。
アンティークドールの一種 骨董的価値を持つアンティークドールは製作年代や産地によって異なる特徴を持っており、その技法などからビスクドール、チャイナドールなどと...続きを読む

1 / 212

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ

遺品整理ページ