岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 人間国宝・無形文化財

Q&A一覧人間国宝・無形文化財

 

人間国宝の「螺鈿」保持者、北村昭斎とその作品について。

北村昭斎についてご紹介します。
数々の文化財の修理と復元を手がけた漆芸家 北村昭斎(きたむらしょさい)は奈良に生まれ、祖父や父のもとで修行を重ねた後、文化財の修理や復元を手掛ける職に30年間...続きを読む

重要無形文化財「瀬戸黒」と「志野」保持者の人間国宝、荒川豊蔵とその作品について。

荒川豊蔵とその作品についてご紹介します。
一つの陶片から始まった歩み 荒川豊蔵は、「瀬戸黒」と「志野」の二つで人間国宝に認定された、岐阜県を代表する陶芸家です。古窯で古志野の陶片を発見して以来、失われ...続きを読む

江戸時代から伝わる「小石原焼」の技法保持者である人間国宝「福島善三」とその作品の特徴について。

福島善三とその作品の特徴についてご紹介します。
小石原焼と福島善三 小石原焼は、1662年(江戸時代前期)に、福岡藩の3代藩主 黒田光之が伊万里から陶工を招いて窯場を開いたことによって作られ始めた陶器で、現...続きを読む

陶芸分野史上最年少の人間国宝。十四代今泉今右衛門とその作品の特徴について。

十四代今泉今右衛門とその作品についてご紹介します。
今泉今右衛門とは 今泉今右衛門(いまいずみいまえもん)は、江戸時代から鍋島藩(現在の佐賀県)で作られるようになった「鍋島焼」の伝統を受け継ぐ陶芸家です。江戸時...続きを読む

人間国宝の蒔絵の保持者、室瀬和美とその作品について。

室瀬和美とその作品についてご紹介します。
伝統と現代性の融合 室瀬和美は2008年に蒔絵で人間国宝に認定された漆芸家です。伝統的な蒔絵の技法を使いながらも現代性の高い作品を作っており、日本はもちろん海...続きを読む

日本と深い関わりを持つイギリス人陶芸家、バーナード・リーチとその作品について。

バーナード・リーチについてご紹介します。
民芸運動とかかわりが深い英国人 イギリス人陶芸家であり画家やデザイナーとして活躍したバーナード・リーチは、日本で日常的に使われている陶磁器の美しさに魅せられ、...続きを読む

人間国宝の備前焼作家、伊勢崎淳とその作品について。

伊勢崎淳とその作品についてご紹介します。
人間国宝 伊勢崎淳 伊勢崎淳は2004年に人間国宝に認定された備前焼の作家で、伝統技法と現代美術を融合させた備前焼の新境地ともいえる作品を発表しています。 ...続きを読む

明朝の黄地紅彩を復元した、人間国宝の加藤土師萌(かとう はじめ)とその作品について。

加藤土師萌とその作品についてご紹介します。
独自の作風を確立した人間国宝 加藤土師萌は、若いころから陶磁器の図案改良や陶磁器の材料・技術の研究に取り組んできた陶芸家で、その真面目な人柄から「マジメさん」...続きを読む

鉄絵技法の人間国宝、田村耕一とその作品について。

田村耕一とその作品についてご紹介します。
鉄絵とは 鉄絵は酸化鉄(鉄さび)を含んだ顔料を使って絵付けを行う技法で、錆びを使うことから「錆絵(さびえ)」と呼ばれることもあります。顔料の元になる土には「黄...続きを読む

民芸陶器の人間国宝、浜田庄司とその作品について。

浜田庄司とその作品についてご紹介します。
民芸運動の中心人物 浜田庄司 浜田庄司は主に昭和に活躍した陶芸家で、民芸運動の中心人物として知られる人です。 民芸運動とは、これまでほとんど評価されなかった...続きを読む

1 / 3123

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

遺品整理ページ