岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 人間国宝・無形文化財

Q&A一覧人間国宝・無形文化財

 

人間国宝の蝋型鋳造(ろうがたちゅうぞう)保持者、佐々木象堂とその作品について。

佐々木象堂は、日本の近代工芸史において重要な位置を占める人物です。
佐々木象堂は、日本の近代工芸史において重要な位置を占める人物です。彼の芸術に対する情熱と革新的な技術は、日本の工芸界に新たな風をもたらしました。この記事では、彼...続きを読む

人間国宝の「蒔絵」保持者、大場松魚とその作品について。

日本の伝統工芸の中でも特に高度な技術を要する蒔絵。この分野で類稀な才能を発揮し、人間国宝に認定された大場松魚(おおばしょうぎょ)は、その生涯を通じて日本の漆芸の可能性を広げた一人です。
大場松魚は、その卓越した蒔絵技術で知られる人間国宝であり、彼の生涯と作品は日本の漆芸界に多大な影響を与えました。この記事では、大場松魚の足跡をたどりながら、彼が...続きを読む

茶の湯釜とは何?そしてその技を持つ人間国宝には誰がいるのか?

茶の湯釜の人間国宝には、角谷一圭、長野垤志、高橋敬典がいます。今回は長野垤志に焦点をあててご紹介します。
茶の湯釜というものは、日本の伝統文化である茶道において、単なる道具を超えた存在です。それは茶会の際にお茶を沸かすために使われる釜ですが、その形状、素材、作り手の...続きを読む

肥後象嵌・透(ひごぞうがん・すかし)とは何?そしてその技を持つ人間国宝には誰がいるのか?

江戸時代から続く日本の伝統技術、肥後象嵌・透。この技法は、熊本県を中心に発展した独特の金工技術で、その技術保持者として人間国宝に認定されたのが米光光正です。
米光光正と肥後象嵌 米光光正は、1888年に熊本県坪井に生まれました。彼は幼いころに父を亡くし、15歳から祖父と叔父に金工の技術を学び始めました。 &nbs...続きを読む

鍛金(たんきん)とは何?そしてその技を持つ人間国宝には誰がいるのか?

鍛金(たんきん)は、金属を叩いて伸ばし、形を作り出す伝統工芸技術です。
第1章:鍛金技術の魅力 鍛金(たんきん)は、金属を加工する古代から続く技術です。この技法は金属を叩き、熱し、形を変えることによって様々な作品を生み出します。鍛...続きを読む

梵鐘(ぼんしょう)とは何?そしてその技を持つ人間国宝には誰がいるのか?

日本の伝統工芸の一つ、梵鐘(ぼんしょう)についてご紹介します。特に、この分野で「人間国宝」として知られる香取正彦氏に焦点を当てます。
骨董品や日本の伝統工芸に興味を持つ皆様に、梵鐘(ぼんしょう)とその製作における人間国宝、香取正彦氏の功績について深く掘り下げてご紹介します。 香取正彦氏の...続きを読む

截金(きりかね)とは何?そしてその技を持つ人間国宝には誰がいるのか?

截金(きりかね)技術は、日本の伝統的な金工技術の一つです。
截金(きりかね)、細やかな技術と耐える美しさ、それは日本の工芸の粋を表すものの一つと言えるでしょう。骨董品愛好者には、その名を耳にしたことがあるかもしれません。...続きを読む

蒟醤(きんま)とは?人間国宝にはどんな人がいますか?

蒟醤は、中国原産の高級な漆として知られ、日本でも非常に価値があるとされています。
  蒟醤(きんま)とは 蒟醤は、中国原産の高級な漆として知られ、日本でも非常に価値があるとされています。その濃厚で深い色合いと耐久性から、多くの歴...続きを読む

沈金(ちんきん)とは?人間国宝や有名作家にはどんな人がいますか?

沈金(ちんきん)は、日本独特の美的センスを持った伝統工芸の一つです。
1. 沈金とは? 沈金とは、木や金属の表面に細かい彫りを施し、その彫りの部分に金や銀の粉を埋め込む技法を指します。この技法によって、豪華ながらも洗練された作品...続きを読む

彫漆(ちょうしつ)とは?人間国宝や有名作家にはどんな人がいますか?

今回は日本の伝統工芸である彫漆(ちょうしつ)について解説します。特に、彫漆の分野で人間国宝に認定されている音丸耕堂について解説します。
彫漆(ちょうしつ)とは? 彫漆は、漆を何層にも塗り重ね、それを彫り込むことで絵や模様を描く技法です。この技法は中国から伝わり、平安時代に日本で発展しました。彫...続きを読む

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

遺品整理ページ