岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 書道具・華道具・香道具

Q&A一覧書道具・華道具・香道具

 

柄香炉とはどんなものですか?

柄香炉についてご紹介します。
聖徳太子が持っている「柄香炉」 古来より仏教では、香を焚くことは空間を清め邪気を払い、仏に供物をささげることとして考えられてきました。 日本では仏教の伝来と...続きを読む

代表的な香木の種類である「沈香」「白檀」「伽羅」について教えてください。

沈香、白檀、伽羅についてご紹介します。
香道で使う香木 香木とは、広い意味では心地よい香りがある樹木全般のことを指しますが、通常は焚いて香りを楽しむ木のことを指します。 木や木の樹脂を焚いて香りを...続きを読む

香箪笥とはどんなものを指しますか?普通の箪笥との違いは?

香箪笥についてご紹介します。
香箪笥とは 香箪笥とは、様々な香木を引き出しに分けて分類収納できる香木用の箪笥です。一般的な箪笥と同じように引き出しが付いた箱状の形をしており、香道具の一つと...続きを読む

「紅白梅図屏風」などでも知られる尾形光琳の生い立ちと作品の評価について。

尾形光琳についてご紹介します。
琳派を代表する絵師 江戸時代には数多くの絵師が活躍し後世に残る名作が数多く誕生しましたが、大和絵の伝統を基盤とした装飾性・デザイン性に富む絵画や工芸などを生み...続きを読む

箱がなくても買取可能?書道具の買取査定ポイントについて。

書道具の買取査定ポイントをご紹介します。
高価買取になることもある書道具 書道に使用する書道具は、鉛筆やペンなどが登場する以前は筆記用具の主流として活躍しただけではなく、知識人や文化人の象徴的な品物で...続きを読む

書道具の筆、どのような筆が売れますか?

筆の売却のポイントをご紹介します。
  筆も買取対象になる 硯や墨などの書道具は骨董品店出買取対象となっていることが多い品目ですが、書道具の筆も買取対象になることがあります。 しか...続きを読む

筆や毛筆も買い取ってもらえますか?高く買い取ってもらえる条件には何がありますか?

筆や毛筆の高価買取条件をご紹介します。
買取対象になる書道具 墨や硯などの書道具は古美術店や骨董店、書道具専門店などで買い取ってもらえても、消耗品である筆や毛筆は買取対象にならないというイメージを持...続きを読む

お箸で有名な福井の若狭塗とは?高価買取が期待できる条件には何がある?

高価買取が期待できる若狭塗の条件をご紹介します。
箸で有名な若狭塗 若狭塗は福井県小浜市で生産される漆器のことです。若狭塗の塗り箸の国内シェアは80%、NHKの朝ドラ「ちりとてちん」では主人公の実家が伝統的な...続きを読む

硯箱とは?蒔絵など、高価買取が期待できる条件にはどんなのがある?

高価買取が期待できる硯箱をご紹介します。
日本独自の文具「硯箱」 硯箱はその名の通り「硯」を納めるための箱で、硯のほかに筆、墨、水差し、小刀などといった文具も納めることができます。 中国では、硯や筆...続きを読む

香道の二大流派、「御家流」と「志野流」の違いは何ですか?

香道の二大流派、「御家流」と「志野流」の違いをご紹介します。
室町時代から始まった「香道」 香道はお茶を扱う「茶道」、花を扱う「華道」同様、香を扱うことで精神的な落ち着きを求める芸道です。 香を焚いて楽しむという文化は...続きを読む

1 / 212

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

遺品整理ページ