岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 陶磁器・陶器・陶芸品

Q&A一覧陶磁器・陶器・陶芸品

 

フランス宮廷御用達の高級磁器、セーヴル焼とは?高価買取が期待できるものにはどんなのがある?

セーヴル焼と高価買取が期待できるものにはどんなのがあるかをご紹介します。
フランスの至宝セーヴル焼 ヨーロッパの陶磁器といえばマイセンやウェッジウッド、ヘレンドなど様々なメーカーがありますが、フランスのセーヴルは少量生産の国窯という...続きを読む

優雅で格調高いアール・ヌーヴォー調の作品で近代の日本陶芸を開拓した、板谷波山とその作品について。

板谷波山とその作品についてご紹介します。
「近代陶芸の開拓者」板谷波山 板谷波山(いたやはざん)は明治後期から昭和中期にかけて活躍した陶芸家で、日本の近代陶芸の開拓者と呼ばれています。 「職人」の世...続きを読む

竹林月夜、四弁花、羊歯模様で代表される近代陶芸の巨匠、人間国宝 富本憲吉とその作品について。

近代陶芸の巨匠、富本憲吉とその作品についてご紹介します。
色絵磁器の大成者 磁器には様々な装飾方法がありますが、釉薬をかけて焼いた上に色絵の具で上絵を描き、焼き付けた「色絵」は中国の景徳鎮、日本の伊万里、九谷などにも...続きを読む

清水焼とは?京焼とは何が違うの?

清水焼についてと、京焼との違いをご紹介します。
清水焼と京焼 古くから文化の中心だった京都では、京扇子、西陣織、京人形など様々な工芸品が作られてきました。なかでも、茶道で使用する茶碗や花器、香炉などの陶磁器...続きを読む

六古窯とその特徴について。

六古窯とその特徴についてご紹介します。
  中世から現在まで続く古窯 六古窯(ろくこよう)とは平安時代末期か安土桃山時代を代表する窯業地のことです。陶芸家であり陶磁器研究者でもあった小山...続きを読む

幻のラスター彩の復元で知られる、六代 加藤卓男とその作品について。

六代 加藤卓男とその作品についてご紹介します。
  ラスター彩に生涯を捧げた陶芸家 ラスター彩とは陶器の表面に銀や銅などの酸化物で文様を描き、低温度で焼成したイスラム陶器の一つで、その起源は古代...続きを読む

温かみがある飴色が特徴の大樋焼(おおひやき)とは?

大樋焼(おおひやき)についてご紹介します。
  石川県の伝統工芸「大樋焼」 輪島塗や加賀友禅、金沢漆器など石川県には数多くの伝統工芸が存在しますが、「大樋焼」も石川県を代表する伝統工芸です。...続きを読む

スペインを代表する磁器人形(ポーセリンアート)ブランド、リヤドロの高価買取条件5つ。

リヤドロの高価買取条件を5つご紹介します。
世界的人気を誇るリヤドロ 1950年代初め、スペインのバレンシア北部にあるアルマセラで、リヤドロ三兄弟がランプ用の花飾りを作ったことから始まった「リヤドロ」は...続きを読む

「東の魯山人・西の半泥子」。川喜田半泥子とその作品について。

川喜田半泥子とその作品についてご紹介します。
「昭和の光悦」川喜田半泥子 川喜田半泥子(かわきたはんでいし)は、1878年に大阪に生まれ、陶芸家・実業家・政治家などとして活躍した人物です。陶芸だけではなく...続きを読む

フランスの磁器、リモージュ(Limoges)の高価買取条件4つ。

フランスの磁器、リモージュの高価買取条件をご紹介します。
繊細で華やかなリモージュ 16世紀ごろ中国からヨーロッパに伝わった磁器は、その白く滑らかな肌から多くの王侯貴族に愛されてきました。 しかし、ヨーロッパでは原...続きを読む

1 / 512345

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ

遺品整理ページ