岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 骨董品について

Q&A一覧骨董品について

 

京都、大阪など関西で茶道具を拝見できる美術館でオススメのところはどこですか?

関西で茶道具を鑑賞できる美術館をご紹介します。
茶道具を鑑賞できる美術館 茶道の三千家発祥の地である京都や商業の中心として栄えてきた大阪には多くの美術館が存在しています。今回は、関西にある茶道具を展示してい...続きを読む

フランス宮廷御用達の高級磁器、セーヴル焼とは?高価買取が期待できるものにはどんなのがある?

セーヴル焼と高価買取が期待できるものにはどんなのがあるかをご紹介します。
フランスの至宝セーヴル焼 ヨーロッパの陶磁器といえばマイセンやウェッジウッド、ヘレンドなど様々なメーカーがありますが、フランスのセーヴルは少量生産の国窯という...続きを読む

優雅で格調高いアール・ヌーヴォー調の作品で近代の日本陶芸を開拓した、板谷波山とその作品について。

板谷波山とその作品についてご紹介します。
「近代陶芸の開拓者」板谷波山 板谷波山(いたやはざん)は明治後期から昭和中期にかけて活躍した陶芸家で、日本の近代陶芸の開拓者と呼ばれています。 「職人」の世...続きを読む

仕覆、懐紙入れ、数寄屋袋など、茶の湯で使われる袋物6つ。

茶の湯で使われる袋物をご紹介します。
茶の湯で使う道具 茶の湯では茶碗や茶筅などのほかに、菓子を置いたり汚れを拭うのに使う懐紙、香を入れるための香合、炭を扱うときに使う火箸など様々な道具があります...続きを読む

矢立(やたて)とは何ですか?どんな物なら買い取ってもらえますか?

矢立と買い取れる矢立てについてご紹介します。
矢立とは 矢立とは筆と墨壺を組み合わせた携帯用筆記具のことです。真鍮などの金属のほか、木製、竹製、陶器製などがあり、角材状の本体に墨壺、筆の収納部とスライド式...続きを読む

今さら聞けない、太刀と刀の違い4つ。

太刀と刀の違いをご紹介します。
太刀と刀の違い 日本刀にはさまざまな種類がありますが、大きく分けて「太刀」と「刀」に分類することができます。どちらも日本で作られた刀剣で、基本的な取り扱い方法...続きを読む

碁石や碁盤、碁笥など、囲碁関連骨董品の相場は?高価買取が期待できる条件4つ。

囲碁関連骨董品の相場と高価買取が期待できる条件をご紹介します。
囲碁関連骨董品とは 遺品整理や蔵のお片付けなどで出てくることがある囲碁の道具は、大きくてかさばる、使う人がいないという理由から処分されることが多い品物です。 ...続きを読む

密教法具とは?主な法具にはどんなのがあり、買い取ってもらうこともできる?

密教法具の種類と買取についてご紹介します。
密教法具とは 密教法具とは、仏教のなかでも「密教」と呼ばれる真言宗と天台宗の儀式で使用される道具のことです。 真言宗の開祖、弘法大師空海が唐から帰国する際に...続きを読む

珊瑚・翡翠・べっ甲・象牙を使った帯留めは高く買ってもらえる?帯留めの高価買取条件とは?

帯留め素材と高価買取条件をご紹介します。
帯留めとは 帯留めとは女性が使用する帯締めにつける飾りのことで、誕生したのは江戸時代後期といわれています。当初は胴締や上締と呼ばれる紐の留め金具として誕生しま...続きを読む

竹林月夜、四弁花、羊歯模様で代表される近代陶芸の巨匠、人間国宝 富本憲吉とその作品について。

近代陶芸の巨匠、富本憲吉とその作品についてご紹介します。
色絵磁器の大成者 磁器には様々な装飾方法がありますが、釉薬をかけて焼いた上に色絵の具で上絵を描き、焼き付けた「色絵」は中国の景徳鎮、日本の伊万里、九谷などにも...続きを読む

1 / 2812345...1020...最後 »

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ

遺品整理ページ