岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 骨董品について

Q&A一覧骨董品について

 

「沈金」と「螺鈿」と「蒔絵」ってどんな違いがあるのですか?

沈金、螺鈿、蒔絵の違いについてご紹介します。
伝統的な漆芸の技法 漆は縄文時代から使用され、奈良時代には螺鈿で装飾を施した漆芸品が唐から伝わり、平安時代には貴族の食器などとして漆塗りの器が使用されるように...続きを読む

人間国宝の「螺鈿」保持者、北村昭斎とその作品について。

北村昭斎についてご紹介します。
数々の文化財の修理と復元を手がけた漆芸家 北村昭斎(きたむらしょさい)は奈良に生まれ、祖父や父のもとで修行を重ねた後、文化財の修理や復元を手掛ける職に30年間...続きを読む

「江戸硝子」と「江戸切子」はどんな違いがありますか?

「江戸硝子」と「江戸切子」の違いについてご紹介します。
江戸のガラス工芸品 江戸硝子と江戸切子は、どちらも現在の東京都江戸川区や墨田区、江東区周辺で作られ始めた江戸のガラス工芸品です。いずれも、江戸時代から続く伝統...続きを読む

柄香炉とはどんなものですか?

柄香炉についてご紹介します。
聖徳太子が持っている「柄香炉」 古来より仏教では、香を焚くことは空間を清め邪気を払い、仏に供物をささげることとして考えられてきました。 日本では仏教の伝来と...続きを読む

たぬきの置物で有名な信楽焼。その魅力とは?

信楽焼の魅力をご紹介します。
日本六古窯の一つ「信楽焼」 信楽焼は中世から現代まで続く歴史を持つ「日本六古窯」の一つで、現在の滋賀県甲賀市信楽町周辺で作られている陶器です。笠をかぶって徳利...続きを読む

モネ、ピカソ、フェルメールなど、2023年、ぜひ見てみたい西洋画の展覧会5つ。

2023年に開催される西洋画展覧会をご紹介します。
展覧会に行きやすくなった2023年 行動規制が緩和され、展覧会に足を運びやすくなった2023年。 日本国内の西洋画展覧会は比較的規模が小さな展覧会が多いです...続きを読む

代表的な香木の種類である「沈香」「白檀」「伽羅」について教えてください。

沈香、白檀、伽羅についてご紹介します。
香道で使う香木 香木とは、広い意味では心地よい香りがある樹木全般のことを指しますが、通常は焚いて香りを楽しむ木のことを指します。 木や木の樹脂を焚いて香りを...続きを読む

始まりは江戸の宿場町畑宿から。石川仁兵衛が創作した箱根寄木細工の歴史について。

箱根寄木細工の歴史についてご紹介します。
木が織りなす美しい文様 箱根寄木細工は色の異なる木を寄せ集めて文様を作り出す技術のことで、日本はもちろん海外からも人気がある箱根の伝統工芸品です。 木が織...続きを読む

皇室の慶事に欠かせないボンボニエール。その歴史について教えてください。

ボンボニエールについてご紹介します。
砂糖菓子を入れる器 ボンボニエールは、フランス語で砂糖菓子を意味する「ボンボン」を入れる菓子器のことで、日本では皇室の慶事の際に贈られる品として有名です。 ...続きを読む

重要無形文化財「瀬戸黒」と「志野」保持者の人間国宝、荒川豊蔵とその作品について。

荒川豊蔵とその作品についてご紹介します。
一つの陶片から始まった歩み 荒川豊蔵は、「瀬戸黒」と「志野」の二つで人間国宝に認定された、岐阜県を代表する陶芸家です。古窯で古志野の陶片を発見して以来、失われ...続きを読む

1 / 4412345...102030...最後 »

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

遺品整理ページ