岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 骨董品について > 骨董品として買い取ってもらえる種類はどのようなものがありますか?

骨董品として買い取ってもらえる種類はどのようなものがありますか?

絵画や陶磁器をはじめ、いろいろな種類があります。

骨董品の幅は広い

骨董品として取引されている種類は幅広くあります。

絵画や陶磁器をはじめ、茶道具や書道具、仏教美術、中国美術など様々です。

古いもので、希少価値が高い物であれば、骨董品として扱います。

中国や日本のものから西洋のものまでいろいろな種類がありますが、陶磁器、絵画、茶道具についてご紹介します。

 

陶磁器

最大の魅力は特徴的な柄やデザインです。

日本各地で普及したため、土地土地のデザインや柄がありますので、コレクターにとっては集め甲斐のある品物です。代表的なものだと「古伊万里焼」「有田焼」「唐津焼」「瀬戸焼」「美濃焼」などがあります。

1878年のパリ万国博覧会では香蘭社の製品が金賞を受賞するなど、日本のみならず世界からも人気があります。

 

絵画

掛け軸や水墨画、西洋絵画、浮世絵など、いろいろな種類の絵画が世界にはあります。

洋画といっても、多く美術様式があり、ギリシア美術、ルネサンス美術、ロココ美術、などがあります。宗教絵画として和変えたビザンティン美術やバロック美術もあります。

一方日本画は洋画と区別するために生まれた総称です。代表的な流派として狩野派、円山・四条派などがあります。

洋画と日本画の大きな違いは、描くために用いる素材の違いと言われています。

日本画は洋画で用いられる顔料よりも粒子の大きな膠絵具が用いられています。そのため扱いが難しいとされています。

日本画と一言に言っても水墨画から浮世絵まで含まれています。

 

茶道具

日本が誇る文化として知られる「茶道」に使う道具をさす「茶道具」は、日本だけでなく、世界からはアンティークとして人気が高い骨董品です。

値段も比較的安価なものから、効果なものまで色々あります。

茶道具には1式20品がセットになっています。

骨董品として20品目揃える方や、お茶を飲む器として茶碗、抹茶を立てる茶筅と茶杓の3点を揃える方など様々いらっしゃいます。

 

 

まとめ

今回は、陶磁器、絵画、茶道具の3点をご紹介しましたが、骨董品は他にもあります。

思ってもいなかったものが、骨董品としての価値がつくこともありますので、不用品として処分される前に、一度ご相談頂くことをおすすめします。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約