岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 古道具・伝統工芸品・細工品 > 古い看板や木箱も買い取ってもらえる?!相場はいくらくらい?

古い看板や木箱も買い取ってもらえる?!相場はいくらくらい?

買い取り可能な古看板や木箱についてご説明します。

実は需要がある古看板や木箱

お酒や時計などを収納する木箱は、中身がなかったり賞味期限が切れていたりすると「不用品」として処分されがちですが、コレクターアイテムとして収集している人もいます。

また、昭和時代の古い看板なども価値がないもののように思われますが、レトロ看板として一定の人気があります。意外なものに値がつくこともあるので、古い看板や木箱は捨ててしまう前に査定に出してみましょう。

では、どのようなものであれば買い取ってもらえるのでしょうか。

 

高級ブランデーやウイスキーの木箱

海外旅行のお土産や記念日などの贈り物としてもらうこともある高級なブランデーやウイスキーは、市場に出回る数が少ないため中身が空でもボトルや木箱にプレミアがつくことがあります。

特に、数量が極限られたお酒の箱や、デザイン性の高い箱は高値がつくことがあるため、たとえお酒がない、ボトルがないという状態でも査定に出してみる価値があります。

価格はボトルの有無やお酒の開封状況などによって変わりますが、木箱のみを買い取ってくれる業者はあまり多くないようです。

 

ブランド時計のケース

ロレックスやゼニス、フランクミューラーなどのブランド時計のケースも買い取ってもらえる可能性があります。コンディションがよいものや外箱・説明書などが付属しているもの、もとの価格が高いものであれば高価買取を期待できるでしょう。

買い取り相場はブランドによって異なりますが、流通量が比較的多いロレックスのケースは数千円、流通量が少ないパテックフィリップであれば数万円の値がつくことがあります。

 

古看板

昭和時代のホーロー製看板や木製看板は「レトロ雑貨」として人気が高く、コレクションしている人も少なくありません。

時代が古いものであれば高い価値がつきますが、戦前の木製看板などは特に希少価値が高く、デザイン性の優れたものやレアな物であれば高値を期待できるでしょう。

一般的な相場は数千円から数万円程度です。看板は屋外に設置されるものであるためコンディションがよいものが少ないことから、美品であれば比較的新しい看板でも高値がつく傾向があります。

 

まとめ

木箱や古看板はコレクターアイテムであるため、正しい価値を判断するためにはある程度の知識や経験が必要です。そのため、業者によっては「古くて価値がないもの」として扱われ、買い取ってもらえなかったり、値段がつかないといったことが起こります。

適正な価格で買い取ってもらうためには、買い取り実績があるか、知識がある業者など、品物に合った業者を選ぶことが重要なポイントとなります。

売却を希望する木箱や古い看板をお持ちの方は、弊社にご相談ください。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ