岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A

Q&A一覧

 

フェルメール、ゴッホなど、2022年、ぜひ見てみたい西洋画の展覧会5つ。

2022年の西洋画展覧会をご紹介します。
「巨匠」の作品も見られる2022年 新型コロナウイルス感染症の流行以来、開催延期や中止などが相次いでいる美術展覧会ですが、消毒や換気の徹底や予約制などの方法で...続きを読む

茶道のお稽古の際に使う茶杓の月別「銘(めい)」について。

茶杓の「銘(めい)」をについてご紹介します。
奥が深い茶杓の世界 茶道では、茶席を開く時期や格式、亭主の趣向などに合わせてさまざまな素材や形の道具を使い分けます。掛け軸や花といった装飾的な品物はもちろん、...続きを読む

コレクターが多く、人気のロイヤルコペンハーゲンイヤープレートシリーズとは?相場や買取額が高い年代は?

ロイヤルコペンハーゲンイヤープレートシリーズについてご紹介します。
イヤープレートとは ロイヤルコペンハーゲンは、王冠と三つの波模様のロゴで有名なデンマークの陶磁器メーカーです。鮮やかなコバルトブルーで施された絵は全て職人の手...続きを読む

引き出しに眠っている万年筆はありませんか?高価買取が期待できる銘柄や条件について。

高価買取が期待できる万年筆についてご紹介します。
愛好家が多い万年筆 万年筆はペン軸の中に入ったインクを使用して書く筆記具で、その原型は953年に発明されたといわれています。 日本では1884年に海外から輸...続きを読む

骨董品専門店で高く取引される香木とは?その用途と、種類・サイズ・重さなど、買取り相場を左右する基準6つ。

香木の買取り基準をご紹介します。
高値で売れる香木 香木は樹脂の中に芳香成分を持つ木のことです。香木の中には原木の状態で芳香を持つ物もありますが、枯れ木などになった後に土の中で熟成されて香りを...続きを読む

どんな版画作品が高く売れる?鉛筆サインやエディション番号など、同じ作家のでも値段の差がつく理由3つ。

版画作品の値段の差がつく理由をご紹介します。
比較的手ごろに買える版画作品 絵画には水彩、油彩、水墨画などさまざまな種類がありますが、エッチングやリトグラフ、シルクスクリーンなどの版画は比較的手ごろな価格...続きを読む

表千家、裏千家、武者小路千家の違い。 その1:茶道具

三千家の茶道具の違いについてご紹介します。
  微妙に違う三つの「千家」 三つ合わせて「三千家」と呼ばれる表千家、裏千家、武者小路千家は、千利休のひ孫の代に成立し、以降、茶の湯の精神を継承し...続きを読む

画賛と墨跡の違いはなんですか?

画賛と墨跡の違いをご説明します。
  掛け軸に使われる画賛と墨跡 床の間飾りや茶道などに使う掛け軸には、浮世絵や山水画、古筆などさまざま種類がありますが、文字が書かれた掛け軸は何を...続きを読む

明朝の黄地紅彩を復元した、人間国宝の加藤土師萌(かとう はじめ)とその作品について。

加藤土師萌とその作品についてご紹介します。
独自の作風を確立した人間国宝 加藤土師萌は、若いころから陶磁器の図案改良や陶磁器の材料・技術の研究に取り組んできた陶芸家で、その真面目な人柄から「マジメさん」...続きを読む

50円玉の穴がない、角度がずれてるなど、エラー硬貨(エラーコイン)とは?種類と相場は?

エラー硬貨の種類と相場についてご紹介します。
製造ミスでできるエラー硬貨 江戸時代など、昔の硬貨は型に溶かした金属を流し入れて作る「鋳造」という技術で作られていましたが、現在の硬貨はプレス機を使って作られ...続きを読む

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

遺品整理ページ