岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A

Q&A一覧

 

高く買取ってもらえる蒔絵とは、どのようなものですか?

蒔絵は、古いものほど歴史的な価値がつき値段が高くなります。また「状態」の良し悪しが査定に影響します。
蒔絵とは 蒔絵とは、漆工芸における技術の一つです。漆器の表面に漆で絵や文様、文字などを描き、漆が乾かないうちに金や銀などの金属粉を「蒔く」技法です。 ひとえ...続きを読む

骨董品の買取業者にはどのような種類がありますか?

骨董品の買取業者には、主に①店舗型②出張・訪問型③宅配買取型の3つがあります。
骨董品買取業者の種類 骨董品の買取業者には、大きく分けて①店舗型②出張・訪問型③宅配買取型の3つになります。 それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。...続きを読む

骨董品の買取店の選び方を教えてください。

骨董品の買取店を選ぶポイントをご紹介します。
買取店を選ぶ時に重要な3つのポイント 骨董品があるけど…「保管する場所もないし手放したい」「捨てるのは勿体ないから買い取ってほしい」と思った時に、どの買取店を...続きを読む

骨董品のブロンズと彫刻とは、どのようなものですか?

骨董品のブロンズは、ブロンズ(青銅)で作られた像のことで、彫刻は木や石などを彫り刻んだ作品のことをいいます。
骨董品のブロンズ像とは? 西洋美術でよく目にするブロンズ像は、主に青銅で作成されています。ブロンズ(青銅)は、錫(すず)や銅などを合わせた合金のことです。 ...続きを読む

掛け軸の正しい取り扱い方法を教えてください。

はい、掛け軸の正しい取り扱い方法をご紹介致します。
掛け軸の取り扱い方法 掛け軸は、表装用布と裏打ち用和紙と本紙で仕立ててあります。そのため、気温・湿度の影響を大変受けやすくなっています。濡れた手で触ってしまう...続きを読む

陶器の取り扱い方法を教えてください。

陶器の保管方法などを詳しくご説明します。
陶器の取り扱いについて 陶器は、古くから日本に伝わる食器の代表的な素材になります。「陶土」という土を主な原料としてつくられています。使用していくうちに馴染んで...続きを読む

掛け軸にカビが生えてしまったのですが、修復する方法はありますか?

掛け軸にカビが生えてしまった場合は、自分で修復しようとしないで業者に見てもらうことをおすすめします。
掛け軸にカビが生える理由とは? 掛け軸は、湿気や温度の変化にとても敏感です。そのため、湿った状態でそのままにしておくとシミやカビが生えてしまいます。また、掛け...続きを読む

掛軸の種類について詳しく教えてください。

掛軸には、大きく分けて床の間に掛ける「床掛け」、仏壇の中に掛ける「掛け軸」の2つの種類があります。
掛け軸の種類 掛け軸の種類には、大まかに「床掛け」と「仏壇の掛け軸」に分かれます。   床の間に掛ける「床掛け」 床の間に掛ける掛軸を「床掛け...続きを読む

骨董品を個人輸入しました。関税はかかりますか?

製作後100年を超えていれば、関税は掛りません。
関税 1934年にアメリカで制定された通商関税法にて「製造された時点から100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品」が唯一明確に定義されています。 WTO(...続きを読む

遺品に骨董品がありました。自分で真贋を知るにはどうすれば良いですか?

ご自身で真贋を判断する場合、目利きが必要です。目利きを養うためには、良い骨董品をたくさん見ることです。
骨董品の目利き 骨董品の目利きは、一朝一夕ではできません。   目利きを養うためには、いろいろな本物を見て時間をかけて勉強していく必要があります...続きを読む

15 / 20« 先頭...10...1314151617...20...最後 »

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ