岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 陶磁器・陶器・陶芸品 > 岐阜県を代表する焼物。志野焼と織部焼の特徴は何ですか?人間国宝にはどんな作家がいますか?

岐阜県を代表する焼物。志野焼と織部焼の特徴は何ですか?人間国宝にはどんな作家がいますか?

志野焼と織部焼の特徴と人間国宝をご紹介します。

美濃焼の一種である「志野焼」と「織部焼」

岐阜県を代表する焼物である「志野焼」と「織部焼」は、いずれも安土桃山時代に成立したとされる焼物で、岐阜県の焼物である「美濃焼」の一種です。

美濃地方と呼ばれる、現在の岐阜県土岐市・多治見市・瑞浪市・可児市では、古墳時代や平安時代から須恵器(すえき)が作られており、鎌倉時代以降になると斜面に作られた「登り窯」を利用した陶磁器作りが始まりました。

16世紀になると織田信長の経済政策によって「登り窯」よりも焼成効率がよい「大窯」が作られたほか、他地域に住んでいた陶工たちが美濃地方に移り住む、茶道が隆盛を誇るなど時代の後押しもあり、美濃地方の焼物は急速に発展していくことになります。

その中で生まれたのが、志野焼と織部焼です。

 

志野焼

志野焼は「もぐさ土」と呼ばれる耐火温度が高く焼き締りが少ない白土で作った器に、「志野釉」とも呼ばれる白い長石釉をたっぷりとかけて焼くことで作られます。

釉薬がかかった部分はぽってりとした厚みがあり、きめの細かい貫入や、味わい深い柚肌

、優しい乳白色をしており、釉薬のかかりが少ない縁の部分などは赤みのある火色が見え、白磁や青磁のような美しさを持ちながら、優しい温かさを持っていることが特徴です。

絵などの柄が付けられていない「無地志野」を基本に、下地に鉄化粧を施して焼いた「鼠志野」「赤志野」、赤ラクと呼ばれる黄土を掛けた上に鉄絵文様を描き、さらに志野釉をかけて焼く「紅志野」、下地に鉄絵文様を描いた後、志野釉をかけて焼く「絵志野」などがあります。

また「卯花墻(うのはながき)」という志野焼の茶碗は、国産茶碗では2つしかない国宝に指定されています。

 

織部焼

織部焼は、美濃出身の武人で千利休の弟子でもある茶人の古田織部(ふるたおりべ)の指導で創始された陶器です。

千利休は渋みのあるシンプルな「詫び寂び」な器を好んでいましたが、その弟子である古田織部は利休の好みとは正反対といえる好みをしており「織部好み」で作られた織部焼は、ほかの焼物にはない自由で豪快なフォルムや奇抜な文様が特徴となっています。

安土桃山時代は南蛮貿易が盛んに行われた時代でもあり、色鮮やかな渡来品が人々の目を楽しませていた時代でもあったため、従来の茶碗とは全く違うファッショナブルな織部焼は「粋」な人々に愛されたようです。

織部焼といえば暗緑色の「青織部」が有名ですが、鉄分の多い赤土を素地とした「赤織部」、文様のない器全体を黒釉が包み込んだ「織部黒」、窓絵といわれる文様がついた織部黒ともいえる「黒織部」などがあります。

織部焼は、江戸時代ごろまでは茶碗のほかに皿やとっくりなどの食器も盛んに作られていましたが、江戸時代以降は徐々に勢いを失い始め、1615年に創始者の古田織部が切腹したこと、寛永年間に入って古典的な青磁が復興したことの影響をうけ、姿を消してしまいました。

 

志野焼の人間国宝

歴史から姿を消してしまった織部焼に人間国宝はいませんが、志野焼には2名の人間国宝がいます。

 

荒川 豊藏(あらかわ とよぞう)

1894年、荒川豊藏は桃山時代以来から続く美濃焼の陶工の血筋を受け継いで、現在の岐阜県多治見市で生まれました。

1930年に古志野を見たことがきっかけで、それまで「志野は瀬戸で焼かれてた」という通説に疑問を感じ、織部焼の陶片を拾ったことがある岐阜県多治見市の大平、大萱の古窯跡を調査したところ志野焼の陶片を発見。

志野焼が美濃で作られたことを確信した荒川豊藏は、美濃古窯の全貌を明らかにするとともに、志野焼を自分の手で作ることを決意しました。

独自で窯をきづいて研究を重ね、古志野の再現を目指して作陶を重ね、1955年に「志野焼」「瀬戸黒」で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された荒川豊藏の作品は、実用性と芸術性を兼ね備えており、「荒川志野」とも呼ばれる独自性を確立しています。

 

鈴木 藏(すずき おさむ)

鈴木藏は1934年、岐阜県土岐市で生まれました。

釉薬の研究者を父に持つ鈴木藏は釉薬や陶土について学んだあと、志野焼と瀬戸黒で人間国宝の認定を受けた荒川豊藏、色絵磁器で人間国宝の認定を受けた加藤土師萌(かとうはじめ)という2人の陶芸家の師事を受けて志野の研究に励み、その技術を体得しました。

釉薬の研究や作陶を重ねる傍ら、古来の半地下式穴窯を改良した独自の焼成方法も考案しており、1994年に重要無形文化財(人間国宝)「志野」保持者に認定されました。

伝統的な志野焼のスタイルの作品だけではなく、現代的なエッセンスが感じられる独特な作品も多く、なかでも大胆で特徴的な釉薬の使い方は数多くの作陶家に影響を与えています。

 

まとめ

現在でも陶磁器の国内シェアの半数を占める美濃焼は、長い歴史の中でさまざまなスタイルと技法を確立してきた、まさに日本の代表的な焼物です。

なかでも、国宝に指定されている国産陶器の中の1つである志野焼と、ほかにはない独自性に富んだ織部焼は、国内外の骨董ファン、陶磁器ファンを魅了してやみません。

お手元に売却を検討している志野焼、織部焼がございましたら、弊社にご相談ください。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ