岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 陶磁器・陶器・陶芸品 > 陶器、陶磁器を高く査定してもらうためのポイントを教えてください。

陶器、陶磁器を高く査定してもらうためのポイントを教えてください。

陶器、陶磁器を高く査定してもらうためのポイントをご説明します。

陶器、陶磁器を高く査定してもらうための5つのポイント

陶器や陶磁器は、収集家も多く、美術品としての人気も高いため、高額査定になることも珍しくありません。

査定のポイントをしっかり押さえておくことで、さらなる高額査定を目指せる可能性があります。

 

ポイント1:作家物であること

「作家物」とは、有名な作家が作った陶器、陶磁器のことです。

真作であることはもちろん、人気作家の作品であることや、希少価値の高さによって査定額が変わります。

 

例えば、

 

有名な作家の作品は高額査定となる可能性があります。

ここに挙げた作家はあくまでも一例ですので、名前を紹介していない作家の作品であっても、高額査定になる場合があります。

 

ポイント2:産地と時代

陶器、陶磁器、中でも茶碗の場合は産地と時代は、重要なポイントとです。

基本的に、時代が古いものほど価値が高くなります。

 

例えば、

 

これらの焼き物は「日本六古窯」と呼ばれます。
人気が高い上、釜が成立した時代が古いことから、江戸時代以前の作品である可能性もあり、高額査定が期待できます。
また、茶碗として有名な「萩焼」「楽焼」「唐津焼」も、人気が高いことから高額査定となる可能性があります。

 

ポイント3:細工の出来ばえが良いこと

陶器や陶磁器に施された、染付、上絵、象嵌といった細工は、陶器や陶磁器の芸術的価値を左右する重要なポイントです。
優れた技術によって描かれた出来ばえの良いものは、高額査定となる可能性があります。

 

ポイント4:状態が良いこと

陶器、陶磁器に限ったことではありませんが、きれいな状態である方が高額査定となります。
査定に出す前に埃を払う、柔らかい布で拭くなど、簡単なお手入れをしておくことをおすすめします。
ただし、割れ、カケ、ヒビなどは、ご自身で修復しないようにしましょう。

修復を試みたことで、かえって状態を悪くしてしまうこともあり、マイナス査定になるどころか、買取できなくなるという事態を招きかねません。

 

ポイント5:セットになっている物はセットで査定

カップとソーサーがセットになっている洋食器、5枚一組の絵皿など、セットになっている物は、一つ一つを分けて査定するのではなく、セットになった状態で査定に出したほうが高額査定となります。

また、専用の箱や、作家の略歴が書かれた「栞」、器を包むための布などの付属品がある場合も、一緒に査定することで査定額アップに繋がります。

 

 

まとめ

買取業者が、どのようなポイントを重視して査定額を決めるかを予め知っておくことは、陶器や陶磁器を高く査定してもらう上でとても重要です。
しかし、陶器や陶磁器の専門知識がない業者が査定を行うと、実際の価値よりも低い額で査定されてしまいます。
陶器や陶磁器の査定をご希望の方は、専門知識を持ったスタッフのいる弊社にご相談ください。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約