岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 骨董品について > 絵画の保管で注意すべき点はどのようなことがありますか?

絵画の保管で注意すべき点はどのようなことがありますか?

絵画の保管で注意すべき4つのポイントをご紹介します。

絵画は紙にかかれているため、完成した時点ですでに劣化が始まっているとも言える骨董品です。

そんな絵画を保管するのですから、ご紹介するポイントをおさえて、丁寧に保存しましょう。

 

絵画を保管する際の4つのポイント

1.理想の環境で保管しましょう

では、絵画にとって理想の環境とはどのような環境でしょうか。

絵画は湿気に弱い品物です。また、直射日光を浴びるような環境では、紫外線によって、色あせ等が発生します。

 

つまり、絵画の保管に良い環境とは、日陰で風通しが良く、湿気がこもらない場所となります。

1日に少しの間であっても、直射日光が当たる場所での保存は避けましょう。

直射日光を避けるためには、一般家庭では、押し入れやクローゼットなどに保管すると思います。しかし、押し入れやクローゼットはどうしても湿気がこもりやすいものです。

適度に戸を空けて湿気を逃したり、市販の湿気取りを利用するなど、湿気対策を行いましょう。

 

2.絵画の保管でおすすめの方法とは

絵画の保管でおすすめの方法は、専用ケースや桐箱などに入れて保管することです。

専用ケースに入れることで、外部からの破損や害虫から大切な絵画を守る事ができます。

また、絵画同士を直接平積みして保管することは厳禁です。

平積みしてしまうことで、下の方の絵画が変形や破損の恐れがあります。

絵画を保管するときには、縦に並べて保管しましょう。

 

3.絵画をしまう前にお手入れをしましょう

絵画をしまう前には、きれいにクリーニングをしてからしまいましょう。

ホコリや汚れがついていると、シミの原因にもなります。

目視で破損や汚れが無いかを確認します。汚れがある場合は、必要に応じてクリーニングを行いましょう。ご自身でクリーニングを行えない場合、プロへ依頼することも検討してください。

ホコリがついている場合は、清潔で柔らかい羽箒などでそっと払いましょう。

間違っても、指先で払ってはいけません。指先に付いている脂が、シミの原因となります。

 

4.絵画を保管する前には湿気に気をつけましょう

絵画を保管する前には、湿気を取ることを忘れないようにしましょう。

収納する前に、陰干しや虫干しを行い、湿気を逃しておくことで、保管中の劣化を防ぐこともできます。

また、複数の絵画を重ねて収納することも避けましょう。

絵画の間で湿気がこもってしまい、シミやカビの原因となります。

 

まとめ

絵画は非常に痛みやすい骨董品です。

湿気や、直射日光に弱いため、保管する際には、湿気が少なく、風通しがよく、直射日光が当たらないところに、縦に並べて保管するようにしましょう。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約