岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 遺品整理 > 遺品整理、自分でやるか専門業者にお願いするか。両方のメリットとデメリット。

遺品整理、自分でやるか専門業者にお願いするか。両方のメリットとデメリット。

方法の違いごとのメリット・デメリットをご紹介します。

遺品整理を誰がするか

人が亡くなると、その人が使っていた品や身に着けていた服などさまざまな品を形見分けしたり処分したりする「遺品整理」を行う必要が出てきます。一昔前までは、遺品整理は親戚や家族が協力して行うのが一般的でしたが、近年は遺品整理の専門業者に依頼するケースが増えています。

遺品整理を自分でやった時と専門業者に依頼した時では、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

自分でするメリットとデメリット

遺品整理は単なる「物の処分」ではなく、遺品という道具を通して故人と語り合うことで、死を悼み、懐かしみ、受け入れるための儀式のような行為だと言われています。遺品整理を自分ですると、時間をかけてゆっくりと故人に向き合うことができ、無理のないペースでその人の死を受容することができます。何を残して何を処分するかをすべて自分で決められるため、高い満足感を得られるでしょう。

また、故人のプライバシーを外部の人に晒したくない、他人を家にいれたくないといった場合も自分で整理すると安心です。家電製品などの処分費用などは掛かりますが、作業費などがかからないためお金がかからないのもメリットです。

 

しかし、自分で遺品整理をするにはある程度の手間や時間がかかるため、遺品の量が多い、遺品整理をする人が少ない、整理をする人が高齢であったり遠方に住んでいたりするなどの場合、遺品整理の負担が大きくなってしまいます。また、故人が賃貸住宅に住んでいた場合、遺品整理に時間がかかると家賃が発生して経済的な負担がかかります。

家電製品や大型家具などの処分方法がわからない、指定の回収場所に持っていくことが難しい、価値があるものを誤って処分してしまう可能性があるのもデメリットです。

 

専門業者に依頼するメリットとデメリット

専門業者に依頼すると遺品整理が短時間で終わり、手間や負担を大幅に減らすことができます。残しておいてほしいものをあらかじめ伝えておけばきちんと仕分けしてくれるだけではなく、書類や手紙など重要だと思われるものや価値があると業者が判断したものも仕分けてもらえます。

また、家具や家電製品、骨董品や美術品などの買取も行っている業者であれば、遺品整理にかかる費用を軽減できるだけではなく、処分にかかる手間も減らすことができます。

 

しかし、遺品整理業者と一言でいってもその内容や質はさまざまで、依頼する業者によっては不満を感じたりトラブルが起こったりする可能性があります。

また、故人が骨董品などの収集をしていた場合、専門的な知識を持っていない業者に依頼すると、価値のある品をそのまま処分してしまうかもしれません。遺品整理の手間や負担は軽減できますが業者選びが難しく、依頼料がかかるのもデメリットといえるでしょう。

 

まとめ

遺品整理はやり直しがきかないため、失敗すると強い後悔が残ります。どのような方法が自分や故人に適しているかを考え、もっとも満足できそうな方法を選びましょう。

また、業者に依頼する場合は業者の評判に加え、どのような手順で作業をするか、買取などを行っているか、コレクションアイテムや骨董品などに関する知識があるかなど調べておくとよいでしょう。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ

遺品整理ページ