岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > その他 > びっくりするほどの高値がつく場合も。トミカの相場と高価買取りが期待できる条件は?

びっくりするほどの高値がつく場合も。トミカの相場と高価買取りが期待できる条件は?

トミカの相場と高価買取りが期待できる条件をご紹介します。

トミーのロングセラーミニカー

トミカは1970年、玩具メーカーのトミー(現在のタカラトミー)から発売されたミニカーのロングセラーシリーズです。発売当時、ミニカーというと外国車や大型モデルが主流でしたが、トミカは国産車の小スケールミニカーとして発売。小さいながらも本格的な感覚が楽しめること、軽く押すだけでよく走る走行性、手ごろな価格などが評価になり、瞬く間に人気商品となりました。

通常品のほか、限定品、高級モデル、コラボ商品などさまざまな商品が発売され、トミカを専門的に集めるコレクターもいます。

 

トミカの相場

50年以上の歴史を持つトミカには数多くのシリーズが存在します。それぞれ異なる特徴があり、販売価格にも幅があるほか、同じシリーズの品でも車種によって人気度が異なるため、一概に「相場はこのくらい」ということはできません。また、相場は変動するため、以下の一例はあくまで目安として考えてください。

 

黒箱…1984年ごろまで販売されていた国産車シリーズ。2000~5万円

青箱…黒箱発売後に展開された外国車シリーズ。数百~2万円

赤箱…1984年以降の国産車シリーズや統合された外国車シリーズ。数百~数千円

ギフトセット…15周年記念セットや乗用車セットなど。数千円

トミカリミテッド…2001年から2013年まで発売された鑑賞用モデル。数百~数千円

トミカリミテッドヴィンテージ…旧車を中心とした鑑賞用モデル。数百~2万円

香港トミカ…香港で製造された通常品。6車種のみで台数が少ない。1~3万円

 

トミカの中には、終了したシリーズやモデルの復刻版もあります。復刻版は復刻前の品に比べると価値が低くなるのが一般的です。

 

高価買取が期待できる条件

トミカの買取価格は、同一シリーズでも数百円から数万円まで差があるなど、買取価格に幅があります。どのようなトミカであれば高価買取が期待できるのでしょうか。

 

【黒箱・青箱】

初期に発売された「黒箱」「青箱」は他のシリーズに比べて高価買取になる傾向があります。生産台数が少ないモデルや人気のモデルであれば数万円が期待できるでしょう。

 

【絶版品・非売品などのレア品】

トミカの販売期間はモデルによってかなりばらつきがあり、期間が長いものでは20年、30年販売されることがある一方、短いものは1年未満で販売終了となってしまいます。また、モデルの入れ替わりが激しく絶版になって再販されなくなったモデルも多数存在します。

このほか、東京ガス荏原営業所の非売品、日産グロリアバンなどのレアな品は比較的新しい年代の品でも高値がつきやすい傾向があります。レア度が高い品であれば数十万の高値になることもあります。

 

【付属品やセットがそろっている】

外箱、内袋などの付属品がそろっている、ギフトセットなどのセット品は内容がすべてそろっているとミニカー単体よりも高額買取になります。

 

【キズなどがない】

シリーズやモデルに関わらず、キズや塗装ハゲのない美品は買取額がアップします。

 

まとめ

トミカは種類が非常に多いため、その価値を判断するためにはトミカ全般に関する知識だけではなく、現在どのようなトミカに人気が集まっているかなど相場に関する知識も必要です。コレクター人気が高いレア品などは思わぬ高値がつくことがありますので、売却の際は実績豊富な業者を選ぶようにしましょう。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ

遺品整理ページ