岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 古道具・伝統工芸品・細工品 > ボヘミアガラスの代表ブランド、モーゼルとは?その特徴と買取り相場について。

ボヘミアガラスの代表ブランド、モーゼルとは?その特徴と買取り相場について。

モーゼルの特徴と買取り相場についてご紹介します。

世界中で愛されるモーゼルのガラス

モーゼルは、1857年に現在のチェコ共和国カルロヴィ・ヴァリ州に設立されたガラス装飾工房です。チェコは古くからボヘミアガラスを伝統産業としており、モーゼルはヨーロッパ有数の温泉保養地だった、カルロヴィ・ヴァリを訪れる裕福な貴族たちのために、芸術性の高い高品質なガラスを生産するとともに、万博などに出品し、ボヘミアガラスの代表ブランドとしてその名を世界中に広めました。

今回は、ボヘミアガラス、なかでもモーゼルのガラスの特徴と買取相場を合わせてご紹介します。

 

ボヘミアガラスとモーゼルの特徴

ボヘミアガラスは現在のチェコ西部にあたる、ボヘミア地方で13世紀ごろから発達したガラス工芸で、木灰からとれた炭酸カリウムを原料としていることから「カリガラス」とも呼ばれています。

ナトリウムを主成分とした一般的なソーダガラスより高い透明度、グラヴィール彫刻と呼ばれる技法によって施された彫刻をはじめ、回転盤を使ったカットと研磨などによる独特な装飾が特徴です。

 

モーゼルはガラスの透明度を高めるために使用される酸化鉛を使用せず、ブナの木灰を使った伝統的な製法にこだわり、手間をかけてカリガラスを作り続けているブランドで、その最大の特徴といわれる透明度は世界最高級といわれています。

また、ボヘミアガラスの特徴でもある繊細な彫刻のほか、大胆さと優美さを備えたシルエット、華麗な金彩など、高い芸術性と品質から「王のガラス」とも称されています。

また、モーゼルのガラス工芸は無色が中心ですが、色ガラスの作品もあります。無色の作品同様、透明度が高く高品質で宝石のような美しさをたたえています。

 

買取相場

モーゼルのグラスはパウラ、マラハニ、スプレンディッド、オノエ、コペンハーゲンなどさまざまなシリーズが存在し、それぞれのシリーズにワイングラスやロックグラス、タンブラーなどの種類が存在します。一般的にはカットや彫刻が緻密であるほど価値が高く、金彩が施してある、色がついたガラスを使用している場合は、さらに高値を期待できます。

相場は希少性によっても左右されますが、タンブラーであれば数百円から4000円

ロックグラスであれば数百円から5000円、ワイングラスは1000円から1万円程度が相場となっています。

また、デキャンタ、フラワーベース、ボウルなどグラス以外の品や古い年代の品、希少価値の高いモデルは数万円など高価買取が期待できます。

まとめ

モーゼルの作品はシリーズやモデルの種類が多いだけではなく、需要によって相場が変動するため、知識や経験がないと正しい価値を判断することができません。

知識がない業者を選ぶと、希少価値が高い品なのに安く買い取られてしまうこともあるため、売却を検討するときは実績や経験、知識が豊富な業者を選ぶようにしましょう。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ

遺品整理ページ