岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 刀装具・日本刀・金工品 > 認定書、鑑定書、指定書。日本刀の査定ポイントとなる鑑定書3つの違いは何?価値が高いのはどれ?

認定書、鑑定書、指定書。日本刀の査定ポイントとなる鑑定書3つの違いは何?価値が高いのはどれ?

認定書、鑑定書、指定書の違いをご紹介します。

 

日本刀の鑑定書の種類

日本刀の鑑定を行っている機関は、個人・団体など複数存在しており、それぞれが独自の基準で鑑定を行ったうえで鑑定書を発行していますが、もっとも信頼性が高いとされているのが1948年に設立された「公益財団法人 日本美術刀剣保存協会」の鑑定書です。

しかし、日本美術刀剣保存協会が発行した鑑定書には「認定書」「鑑定書」「指定書」があり、どの鑑定書にどの程度価値があるのかわからないという方も多いようです。

今回は、日本美術刀剣保存協会の「認定書」「鑑定書」「指定書」の違いをご紹介します。

 

「認定書」は旧制度

「認定書」は日本美術刀剣保存協会が1948年から1981年にかけて発行していた鑑定書です。刀剣、刀装、刀装具に対して独自の鑑定を行い、その内容によって「貴重」「特別貴重」「甲種特別貴重」の三種に分けられています。

現在の鑑定基準に比べると、認定書時代の基準はやや甘く、現在の基準に当てはめて再鑑定を行うとランクが下がったり、鑑定書が発行できなかったりするケースもあります。

 

現在は「鑑定書」と「指定書」

「鑑定書」と「指定書」は認定書制度が廃止になった以降に発行されたもので、認定書時代に比べると基準が厳しいことから、信頼性が高いといわれています。

認定書時代はランクが「貴重」「特別貴重」「甲種特別貴重」の三種でしたが、鑑定書時代になってからの制度では、「保存」「特別保存」「重要」「特別重要」の四種に分けられており、「保存」「特別保存」とランク付けされた場合は鑑定書が、「重要」「特別重要」とランク付けされた場合は指定書が発行されます。

一般的に「重要」や「特別重要」にランクづけされるのは江戸時代以前の刀剣だといわれています。

 

それぞれの価値

 

認定書、鑑定書、指定書を比較した場合、もっとも価値が高いのは厳しい審査基準で高い評価を受けた証である「指定書」です。

また、認定書と鑑定書を比較すると、鑑定書の方が基準が厳しいため価値が高く認定書は価値が低いといえます。実際、認定書の発行を受けている刀剣でも、現在の鑑定基準に照らし合わせると鑑定書が発行されない、ランクが下がるといったことがあります。

しかし、認定書だから価値がないのかというと、そうとは限りません。例えば、認定書のなかでも最もランクが高い「甲種特別貴重」となっている場合、現在の基準で鑑定すると「重要」や「特別重要」となることが多く、鑑定書や指定書が発行されていないとしても高い価値がつきます。

 

まとめ

認定書、鑑定書、指定書は発行されていない日本刀でも売買することは可能ですが、ついていないよりもついている方が価値は高くなります。ついている鑑定書がどの種類であっても、査定に出すときは一緒に出した方がよいでしょう。

また、認定書と鑑定書を比較した場合、一般的には鑑定書の方が価値が高く査定額もアップするため、再審査を受けて鑑定書を発行してもらうというのもよいでしょう。

ただし、認定書の中で最も低い「貴重」ランクの場合、鑑定書の発行を受けられず審査費用だけかかって損をする可能性がありますので、注意してください。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ

遺品整理ページ