岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 遺品整理 > 遺品の整理、どこにお願いすればいい?遺品整理業者と不用品回収業者の違いは?

遺品の整理、どこにお願いすればいい?遺品整理業者と不用品回収業者の違いは?

遺品整理業者と不用品回収業者の違いをご紹介します。

似ているようで違う

家族や身内が亡くなるといつか行わなくてはならないのが遺品整理です。故人が生前整理をしていたり、持ち物が少なかったりすると遺品が少なく、家族だけでも整理ができますが、物が多い場合は業者に依頼する必要があるかもしれません。

そんなとき悩むのが、遺品整理業者と不用品回収業者のどちらに依頼すればよいかということです。

遺品整理業者と不用品回収業者は「物を処分する」という点では同じであるため似ているように感じられますが、その内容には大きな違いがあります。今回は遺品整理業者と不用品回収業者の違いについてご紹介します。

 

遺品整理業者とは

遺品整理業者はその名の通り「遺品整理」を行う業者で、取り扱う品物は「ゴミ」ではなく「遺品」として扱います。遺品は故人の所有物であり、作業を依頼する人は遺品を相続する立場であるため、品物はすぐに処分するのではなく、依頼者と相談しながら貴重品や事前に残してほしいといわれた品物、処分する品物に仕分けます。探してほしい物を探してもらったり、骨董品や美術品など価値のある遺品をを買い取ってくれたりするなど、品物の処分以外のサービスを受けられるのも特徴です。車やバイクの買取処分に対応しているケースもあります。

また、業者によっては遺品整理だけではなく、簡易清掃やハウスクリーニング、消臭作業などを請け負っている業者も存在します。

依頼すれば遺品の供養やお焚き上げに応じてくれるなど、作業内容がきめ細かく、サービスが充実しています。

 

不用品回収業者とは

不用品回収業者は品物を「不用品」として扱うため、業者によっては品物の取り扱いが雑に感じることもあるでしょう。

また、不用品回収業者は「可燃ごみ」「不燃ごみ」「資源ごみ」といった仕分けはしても、貴重品か不用品かといった仕分けは行いません。貴金属など明らかに価値が高い物は貴重品として扱ってくれますが、アルバムや手紙といった「思い出の品」は処分される可能性があります。書類や通帳などの貴重品も処分される可能性があるので注意が必要です。

不用品買取を行っている業者もありますが、買取品目はブランド品や未使用品に限られるケースがほとんどです。清掃などのサービスは付いていないことが多く、お焚き上げや供養なども行われません。

遺品整理業者に比べると作業内容やサービス内容が少ない傾向にありますが、仕分けなどを行わない分作業時間が短く、遺品整理業者よりも費用が安い傾向があります。特に、大型の家具を処分したい場合や処分する品物が多い場合は不用品回収業者の方が安くなります。

 

まとめ

遺品整理業者と不用品回収業者で悩んだときは、遺品を丁重に扱ってもらいたい、仕分けや掃除、買取なども併せて依頼したいという場合は遺品整理業者、自分たちで貴重品などを予め回収したあとに残った不用品を回収してほしいという場合は不用品回収業者というように、受けたいサービス内容で決めてみてはいかがでしょうか。

また、遺品整理業者、不用品回収業者といっても作業の丁寧さやサービス内容は業者によって異なるため、依頼前に詳しい内容を問い合わせておくとよいでしょう。

なお、弊社は遺品整理の有資格者が、遺品の整理から買取まで一括で行っておりますので、ぜひご相談ください。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ

遺品整理ページ