岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 古道具・伝統工芸品・細工品 > 印籠とは?根付とは何が違いますか?

印籠とは?根付とは何が違いますか?

印籠とは何か、根付とは何が違うかをご紹介します。

時代劇でおなじみの印籠

時代劇「水戸黄門」といえば、クライマックスの印籠を出すシーンでおなじみですが、印籠がどんなものなのかは意外に知られていません。印籠はどのような役割を持つ道具で、どのような価値があるのでしょうか。また、根付とはどのような違いがあるのでしょうか。

 

ファッション性を備えた小物入れ

印籠は男性が帯に下げて携行する小型の容器で、室町時代に明から日本に伝わりました。元々は印や印肉をを入れる容器として使用されていたころから「印籠」と呼ばれるようになりましたが、やがて丸薬などを携行するために使用されるようになりました。

日本で印籠が幅広く使われるようになったのは江戸時代の頃。天下泰平の世になっても外出時に常備薬を携行する習慣を持っており、それをほかの武士たちにも奨励したことから、薬を携行するための道具として印籠が幅広く使われるようになりました。

印を入れる容器から薬を入れる道具へと用途が変わったことで印籠は次第に小型化して携行しやすくなり、装飾性の高いモノが作られるようになりました。

やがて印籠を持つことが庶民にも普及するようになると、薬を入れずに印籠を携行する人も増え、次第にファッションアイテムに変化していきました。

工芸品としての印籠

ファッションアイテムとして使用されるようになった印籠は装飾性が求められるようになり、漆絵、蒔絵、箔押し、堆朱、螺鈿、彫金などの様々な加飾が施されるようになりました。

工芸技術が飛躍的に発展した江戸当時は、印籠の他に根付や刀の目貫などの装飾性も高い時期で、それらのみを作る職人もいました。

明治時代になると装飾性がさらに高まり、印籠は単なるファッションアイテムから美術品的な価値を持つ物へと進化しました。

 

根付との違い

印籠は一つのような形状に見えますが、実は重箱のようにパーツを段重ねにした構造でできています。一般的には3~5段のパーツが重なって一つの印籠になっていますが、パーツ両脇に紐を通す穴が開いており、紐を穴に通すことで重ねたパーツ同士がバラバラにならないよう繋いでいます。この、パーツ同士を繋いでいるのが「緒締め」です。

印籠を携帯するときはこの緒締めを帯に通して腰から下げるのですが、紐の端に引っかかりがないと帯から紐が抜けて印籠が落ちてしまいます。

この時、紐が帯に引っかかって抜け落ちないようにする役割を持つのが「根付」です。印籠と根付は、通常同時に使用されるので混同されることがありますが、それぞれ違う役割を持っています。

 

まとめ

実用品から工芸品、ファッションアイテムへと変化し、明治期には美術品としての価値も持つようになった印籠は、骨董的にも美術的にも価値が高く、国内・国外に数多くのコレクターが存在します。

もし、お手元に処分を検討つぃている印籠をお持ちであれば、弊社にご相談ください。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ

遺品整理ページ