岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 古銭・切手・記念コイン > 1964年、2020年東京オリンピックの記念コインにはどんなのがありますか?気になる相場は?

1964年、2020年東京オリンピックの記念コインにはどんなのがありますか?気になる相場は?

1964年、2020年東京オリンピックの記念コインについてご紹介します。

二度の東京オリンピック

1964年に東京オリンピックが開催され、それからおよそ60年過ぎた2020年に二度目となるオリンピック開催が決定されました。

新型コロナウイルス感染症の影響で開催延期となってしまった2020年の東京オリンピックですが、記念コインは一度目の東京オリンピック同様すでに発行されています。

1964年と2020年の東京オリンピック記念コインにはどんなのがあるのか、その価値とあわせてご紹介します。

 

1964年の記念コイン

1964年東京オリンピックの記念コインは、額面が1000円の記念硬貨と100円の記念硬貨の二種類のみです。

 

【1964年東京オリンピック記念1000円銀貨】

表面に桜と富士、「日本国」「千円」という文字が刻まれています。裏面は五輪マークと「1000YEN」の文字を中央に配し、周囲を桜の花や「1964TOKYO」「昭和39年」の文字が取り囲んでいるデザインです。一般的な相場は状態によって1000~4000円程度となっていますが、専用ケース付きだと希少性が高くなり価値も高くなります。

 

【1964年東京オリンピック記念100円銀貨】

表面中央に聖火が大きく刻まれ、その上に五輪マークが重ねられたデザインとなっています。裏面は中央に大きく「100」の文字を配し、額面の上下に「TOKYO1964」「昭和39年」の文字が刻まれています。発行枚数は約8000万枚と多く、一時は通常の貨幣と共に流通していたことからプレミアなどはついておらず、一般的な相場は100~500円程度となります。

 

2020年の記念コイン

2020年東京オリンピックの記念コインは、オリンピック開催地に決定したことを記念して2016年に発行された「リオ2016-東京2020 オリンピック競技大会開催引継記念銀貨」と、2018年から2020年までに四回に分けて発行された「東京2020オリンピック競技大会記念貨幣」がります。

 

【引継記念銀貨】

表面はオリンピック旗と桜とブラジルの国花イペー・アマレーロ、裏面は東京2020オリンピックのエンブレムがデザインされた、史上初の両面カラーコインです。額面は1000円で発行枚数は5万枚、非常に人気が高いためケース付きのプルーフ硬貨であれば数万円の価値がつきます。

 

【競技大会記念貨幣】

競技大会記念貨幣は、第一次から第四次までで合計25種類が発行されています。

 

・第一次発行分

一万円金貨…流鏑馬と心技体の文字

千円銀貨…水泳

百円クラッド貨幣…フェンシング

 

・第二次発行分

千円銀貨…陸上競技、バドミントン、野球・ソフトボール

百円クラッド貨幣…空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィン、ウエイトリフティング

 

・第三次発行分

一万円金貨…野見宿禰像とギリシャの女神像と心技体の文字

千円銀貨…体操、柔道、卓球

百円クラッド貨幣…アーチェリー、カヌー、自転車競技

 

・第四次発行分

千円銀貨…ボクシング、レスリング

五百円バイカラー・クラッド貨幣…雷神

百円クラッド貨幣…サッカー、テニス、バレーボール、ミライトワ(大会公式キャラクター)

 

まとめ

2018年以降に発行された記念コインは発行されてから期間が短いため、相場がまだ定まっていません。今後、大会延期になどの影響で価値が上がる可能性があるため、お手元にお持ちの方は大切に残しておくとよいでしょう。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ

遺品整理ページ