岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > その他 > アコギの代名詞、ヤイリギターのK.Yairi。S.Yairi、A.Yairiも目にするが、違いは何ですか?

アコギの代名詞、ヤイリギターのK.Yairi。S.Yairi、A.Yairiも目にするが、違いは何ですか?

ヤイリギターのK.Yairi。S.Yairi、A.Yairiの違いをご紹介します。

日本のアコギメーカー「ヤイリ」

演奏用としてはもちろん、コレクターアイテムとしても人気が高いアコースティックギター、通称「アコギ」はさまざまな国や地域で作られています。

なかでも、岐阜県可児市にある「ヤイリギター」は日本はもちろん、海外でも高い人気を誇る日本のアコギメーカーです。

専門店などでも多数取り扱われているヤイリのギターですが、商標を見るとK.Yairi、S.Yairi、A.Yairiという3つの「ヤイリ」があります。それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

 

一般的に「ヤイリ」と呼ばれるのはK.Yairi

K.Yairiは1935年に矢入儀市が設立した「矢入楽器製作所」の流れをくむブランドで、現在は矢入楽器製作所が改名した「株式会社ヤイリギター」によって製造されていますブランドが立ち上がったのは第二次世界大戦後1965年で、矢入楽器製作所の設立者、矢入儀市の息子である矢入一男が立ち上げたことから「かずお」のイニシャルである「K」をブランド名に冠しています。

K.Yairiのギターは「国産の手作りギター」であることにこだわりを持っており、1970年代から「30人ほどのクラフトマンによる多種少量の手工生産」というスタイルを守り続けています。品質にこだわった天然木を5年以上かけて自然乾燥させ、熟練の職人が一つ一つ丁寧に作り上げるK.Yairiのギターは、サザンオールスターズの桑田佳祐、ミスターチルドレンの桜井和寿、福山雅治など、現在に至るまで多くの著名なアーティストに愛され、国産名門ブランドとしての地位を確立しています。

K.Yairiとは別ブランドのS.Yairi

S.Yairiは、1935年「矢入楽器製作所」を設立した矢入儀市の弟、矢入貞夫が1938年に設立した「矢入楽器製造」の流れをくむブランドです

「矢入楽器製造」はアメリカのギターメーカー、マーティンを手本とした国産ギターを製造し、1970年代には谷村新司、井上陽水など著名なミュージシャンにも愛用されていましたが、フォークソングブーム終焉などの影響で1982年に倒産しました。

 

しかし、2000年に「矢入楽器製造」の設立者である矢入貞夫の息子、矢入寛の監修で「キョーリツコーポレーション」のブランドとして復活しました。

K.Yairiは「手作りの国産ギター」にこだわっていますが、S.Yairiは高級クラスのギターは寺田楽器に委託、廉価なモデルは中国で製造しており、K.Yairiとは方針が大きく異なります。

 

A.YairiはK.Yairiの輸出用ブランド

A.Yairiは1970年代から「Alvarez yairi」(アルバレツ・ヤイリ)の商標で販売され始めたK.Yairiの輸出用ブランドです。国内向けのK.Yairiとはラインナップの違いはあるものの、製造工程やポリシーはK.Yairiと同じです。

 

まとめ

K.YairiとS.Yairiはそれぞれ設立者が親族関係ではあるものの、設立から現在まで一切関係のない別のブランドです。名前が似ているため、混同されることがありますが、楽器作りのポリシーや価格帯なども異なるため、注意が必要です。

また、A.Yairiは輸出用ブランドではありますが、国内向けにも販売されています。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ

遺品整理ページ