岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > その他 > 三味線や琴、尺八など和楽器の高価買取条件には何がありますか? 

三味線や琴、尺八など和楽器の高価買取条件には何がありますか? 

和楽器の高価買取条件について説明します。

和楽器の高価買取条件

木や皮などの天然素材から作られた和楽器は、楽器であると同時に職人による工芸品でもあります。

そのため、和楽器は楽器としての価値だけではなく「工芸品」「芸術品」としての価値も認められており、骨董市場では高値で取引されることがあります。

どのような和楽器であれば高価買取が期待できるのでしょうか。

 

演奏できる状態であること

工芸品的な価値があるとはいえ、やはり楽器は「楽器として使用できること」が重要なポイントとなります。

三味線や琴の弦が切れている、太鼓や三味線の皮が破れているといった補修可能な傷の場合、価格は下がりますが買取可能です。

しかし、尺八に大きな割れ目ができている、琴の台に大きな亀裂がある、三味線の棹が折れているなど、演奏そのものができない可能性が高い傷がある場合は買取できない可能性もあります。

その反対に、弦の張り替えなどをしなくてもすぐに演奏できる状態であれば、高価買取が期待できます。

 

蒔絵などの細工がされていること

和楽器のなかには楽器本体やケースに蒔絵や螺鈿の細工が施されているものがあります。

蒔絵がついているもの、蒔絵の量が多いものほど高価買取が期待できます。

 

高価・入手困難な素材を使っていること

楽器本体やパーツなどに紅木、花林、紫檀、黒檀、象牙、べっ甲などの素材が使われていると買取価格が高くなります。

 

ケース、駒、バチなどが揃っていること

和楽器本体だけではなく、本体に付属する駒やバチといった用具がそろっていることも重要です。欠損があると演奏ができず、骨董的な価値も下がってしまいます。

また、楽器を収納する箱や布袋といったケース類があることも高価買取の条件です。

経年劣化でボロボロになっているとしても、捨てずに一緒に査定に出してください。

 

年代物や人間国宝の銘が入ったもの

江戸時代から先祖代々受け継いできた琴や三味線といった年代物の楽器や、近代のものでも人間国宝の銘が入った楽器などは高価買取が可能です。

 

まとめ

和楽器は全般的に買取価格が高い傾向がありますが、楽器の状態や種類によってかなり差があります。

例えば、三味線でも「演奏会用」と「練習用」では値段が大きく異なり、練習用の三味線は買取できないという業者も多いようです。

また、演奏者が比較的多い琴、三味線、尺八は需要が高く、買取価格が高い傾向にあります。

さらに、あまり一般的ではありませんが、雅楽に使う「笙」も需要が高く、状態がよく蒔絵などが施された品などはかなりの高値が予想されます。

お手元に処分を検討している和楽器をお持ちの方は、弊社にご相談ください。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ

遺品整理ページ