岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 古銭・切手 > 価値が全然違う!?母銭と子銭の見分け方3つ。

価値が全然違う!?母銭と子銭の見分け方3つ。

母銭と子銭の見分け方を3つをご紹介します。

「母銭」と「子銭」

現在の硬貨はプレス加工で作られていますが、プレス加工技術が使われるようになる明治時代以前の硬貨は「鋳造(ちゅうぞう)」で作られていました。

鋳物とは、金属や木でできた原型を砂などに押し付けて「鋳型(いがた)」を作り、溶けた金属を型に流し固めて目的の形を作るという金属加工法です。

原型に彫刻することで微細な模様を作ることができるほか、一つの原型から複数の鋳型を作ることで、原型と同じ形の「鋳物(いもの)」を大量生産できるということから、古くから鉄鍋や鉄瓶といった生活用品などの製造に使われてきたほか、現在でもマンホールのふたの製造に利用されています。

「母銭」とは、硬貨が鋳造で作られていた時代に使用されていた原型のことをさし、母銭で作った鋳型からできる鋳物が「子銭」です。

母銭は「子銭を作るための原型」なので、市場取引で使用されることは基本的にありませんが、子銭は実際に使用される貨幣だったため「通用銭」とも呼ばれます。子銭よりも通用銭という呼び方の方が一般的かもしれませんね。

 

見分け方1:素材の違い

母銭は手彫りで作った「彫母銭」、彫母銭から鋳造した「錫母銭」、そこからさらに鋳造した「銅母銭」があり、この銅母銭から子銭が作られています。

子銭を作るための鋳型は、金属を流し込んで冷やし固めたあと壊す必要があるため、鋳型に押しつける母銭はくり返し使用されることになりますので、劣化しにくい丈夫な金属で作る必要があります。

そのため、同じ銅で出来た母銭と子銭でも、母銭に使われている銅は質が高く、子銭に使われている銅は質が悪いという特徴があります。

また、明和2年以降の子銭は銅ではなく鉄で作られているものが多く、一目で区別することができます。

 

見分け方2:大きさ

金属は冷えて固まるとき収縮するという特徴を持っています。

そのため、鋳物である子銭は原型となる母銭よりも全体的なサイズや文字、中心穴から縁までの「至輪形」と呼ばれる部分などがやや小さくなっています。

 

見分け方3:全体的な仕上がり

原型となる母銭は文字、模様、縁などがシャープで彫がくっきりとしており、立体的で繊細な仕上がりとなっています。

一方、子銭は文字や模様がぼんやりしており、全体的に「のっぺり」とした作りになっています。

また、鋳物は型から取り外した後、ヤスリなどを使って「バリ」を取って仕上げるのですが、大量生産品である子銭は仕上げ作業が雑なものも多く、中心の穴部分などにバリが残ったままということもあります。

 

まとめ

サイズの違いはわかりづらいポイントですが、素材の違いや仕上がりの違いは非常に見分けやすいポイントとなっています。

ただし、江戸時代の貨幣は各地の商人が業務請負で作っていたため、同時代に作られた同種の硬貨でも質にばらつきがあり、一目見て区別できる子銭もあれば、「経年劣化した母銭」のように見える仕上げも質もよい子銭もあります。

母銭は一般に出回るものではないため、骨董的価値が高くなりますが、子銭は実際に流通していた貨幣ですので骨董的価値はやや低くなります。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ