岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 買取依頼 > お土産で買った木彫りの熊を買取してもらうことはできますか?

お土産で買った木彫りの熊を買取してもらうことはできますか?

木彫りの熊の買取についてご紹介します。

北海道土産の定番品

その独特なデザインから北海道土産として人気があるアイヌの民芸品ですが、なかでも木彫りの工芸人は人気が高く、昭和30年から40年ごろには木彫りの熊がブームとなりました。現在でも「玄関先に置いてある」「リビングに飾ってある」といった家庭が多いのではないでしょうか。
リサイクルショップにもっていけば数十円程度の値段がつくこともありますが、買取対象にならないことも多い木彫りの熊ですが、品物によっては思わぬ高値がつくこともあります。

 

木彫りの熊の歴史

アイヌにはヒグマを「山に住む神」として敬う風習があるだけではなく、動物などをかたどった精巧な人形は魂を持って悪さをすると考えられていたため、アイヌ民族の間で木彫りの熊を作る習慣はありませんでした。
しかし、明治時代に入って北海道開拓がはじまると、明治維新で失職した旧尾張藩士が北海道八雲町に移住して暮らしはじめ、大正時代に入ると冬の農閑期の収入源として当時の尾張徳川家当主、徳川義親が木彫りの熊の作りを推奨したことで木彫りの熊が作られるようになります。農閑期に木彫りの熊で収入を得る方法は、義親が1921年(大正10年)にヨーロッパ旅行をした際、スイスの農民が農閑期に木彫りの熊を打って収入を得ている事から着想を得たといわれています。
1924年から八雲農村美術工芸品評会が開催されたのち、各地で行われた品評会ではくもの木彫りの熊が入賞するなど注目が集まり、北海道奥羽六県連合副業共進会で伊藤政雄の木彫りの熊が一等を獲得したことで八雲の木彫りの熊は全国に知られるようになります。

また、北海道旭川では古くからアイヌの伝統工芸品が作られており、なかでもマキリという小刀を使った彫刻が人気を集めていました。アイヌではもともと精巧な人形を作ることはタブーとされていましたが、時代が経つにつれ生き物の彫刻も作られるようになり、昭和時代に入ると木彫りの熊も作られるようになりました。

 

買取できる木彫りの熊

北海道で作られた木彫りの熊は、主に八雲で作られた熊と旭川で作られた熊があります。旭川で作られた熊はお土産用の大量生産品であることが多く、買取可能な品でも数十円から数百円程度となることがほとんどです。
一方、八雲の熊は希少価値が高く、骨董的な価値もつきやすいため高価買取になることがあります。それほど希少性が高くないものでも時代や状態によって数千円程度、希少価値が特に高いものであれば10万円以上になる可能性があります。

 

【高価買取が期待できる熊の特徴】

・目にガラス玉や釘が使われている
・口が赤く塗られている
・作りが精巧
・「八雲」と焼き印が入っている
・伊藤正雄、十倉金之などの作家物(銘が入っている)
・破損や汚れなどがなく状態が良い


目にガラスがはめ込まれている、口が赤く塗られているのは八雲の熊の特徴ですが、この特徴があっても必ずしも古い年代の作品とは限らないため、高価買取にならないこともあります。また、焼き印は1931年頃から品評会で評価の高かった品につけられるようになったものであるため、八雲の熊であっても焼き印がついていないものもあります。

 

まとめ

木彫りの熊は一般的には値段がつきにくく買取対象にならないこともありますが、希少性が高い品や美術品、骨董品としての価値がつくもの、作家物であれば思わぬ高値がつくことがありますので、知識や経験が豊富な業者を選んで査定に出してみるとよいでしょう。
木彫りの熊の売却を検討している方は、一度弊社にご相談ください。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ

遺品整理ページ