岐阜・愛知・三重・滋賀で美術品・骨董品の出張即金高価買取り致します!

トップ > Q&A > 査定依頼 > 気になる!骨董品鑑定士とは?美術鑑定士との違いは?資格など、どうすればなれるの?

気になる!骨董品鑑定士とは?美術鑑定士との違いは?資格など、どうすればなれるの?

骨董品鑑定士と美術品鑑定士についてご説明します。

骨董品鑑定士とは

骨董品鑑定士とはその名の通り、骨董品の真贋や製作年代、作者などを鑑定する仕事のことです。骨董品鑑定士としての能力は骨董品の価値を見極めるために必要不可欠なものであり、その能力の高さは鑑定士や骨董商としての信頼度の高さとなります。また、骨董鑑定士としての実績や信頼が豊富になると、テレビ番組出演や裁判所から鑑定の依頼が舞い込む可能性もあります。

今回は、骨董鑑定士とはについてご紹介します。

 

資格は必要ない

「鑑定士」というと「宝石鑑定士」「ブランド品鑑定士」「四柱推命鑑定士」などさまざまな鑑定士が存在しますが、鑑定士を名乗るのに資格が必要なのは「不動産鑑定士」のみで、そのほかは資格がなくても鑑定士を名乗ることができます。

とはいえ、品物の価値を判断するためにはそれなりの知識が必要であることから、業界団体や協会、企業が民間資格を発行していることもあります。

しかし、骨董品鑑定士については民間資格が存在しておらず、骨董鑑定士を名乗るために試験を受けたりどこかの団体に認証を受けたりする必要もありません。資格がなくても骨董鑑定士を名乗ることが可能です。

とはいえ、骨董鑑定士と名乗れば鑑定士としての仕事があるかというと別問題で、知識がなければ鑑定士として認められず、鑑定士としての働くこともできません。

 

骨董品鑑定士と美術品鑑定士

骨董品鑑定士とよく似た鑑定士としては美術品鑑定士があります。名前が違うことから全く違うものであるような気がしますが、骨董品鑑定士と美術品鑑定士は基本的に同じものだと考えて差し支えありません。

いずれも資格などが必要なく、試験を受けたり団体などに認定してもらう必要はなく自由に名乗ることができます。

ただし、美術品鑑定士は骨董に限らず美術品全般を、骨董品鑑定士は美術品の中でも古美術品や美術品として扱われにくい骨董品を扱うというように、骨董品鑑定士と美術品鑑定士ではその知識の幅や専門性に多少違いがあります。

 

骨董品鑑定士になるには

骨董品は美術品のジャンルとして捉えられているため、まずは美術品鑑定士としての実績を積み、骨董に対する専門性を高めてから骨董品鑑定士となるのが一般的です。

資格が必要ないため、骨董鑑定士や美術品鑑定士になるには試験を受けたり専門学校に通ったりする必要はありませんが、知識を身につけたり鑑定眼を養ったりする必要はあります。古美術商や骨董商、画廊など美術品や骨董品に関わる職業について知識や経験、鑑定力を身に着け、周囲から認められれば美術品鑑定士や骨董品鑑定士になることができます。

また、美術学校などで専門的な知識を学んで学芸員の資格を取得してから鑑定士を目指す人もいます。この場合も、知識だけではなく目を養う必要があります。

 

まとめ

骨董品鑑定士は具体的な資格が存在するわけではないため、誰でも名乗ることができますが、いくら鑑定士を名乗っても知識や経験が乏しく鑑定力も備わっていないと骨董品鑑定士としては認められません。

また、骨董鑑定士として認められてからも常に知識を取り入れ続け、鑑定眼を磨き続ける必要があります。

「なるのは簡単でも本物になるのは難しく、本物であり続けるのはさらに難しい」のが骨董鑑定士といえるかもしれません。

 

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る

お電話でのご予約はこちら:0120-510-636

LINE@はじめました

WEBからのご予約

解体ページ

遺品整理ページ